ビール・多摩の恵

Megumi地ビールは町おこしなど地域活性化の一方法として、各地で試みが行われています。そして比較的小規模で地域に密着し地名を含めその土地柄を示すネーミングがされていて、たとえば私が住む調布市の「深大寺ビール」などがあります。
さて今日取り上げる「多摩の恵」は、「多摩地方の地ビール」であろうと想像できますが、実はこのビール!先日訪ねた「石川酒造」で造っているビールなのです。何で日本酒の酒造が?と思ったのですが、この酒造の歴史を知ると納得でした。
Sake4石川酒造が創業したのは前回も触れたように江戸時代の文久3年(1863年)ですが、明治維新になって日本にビールの製法が紹介され横浜の外国人居留地等で製造が開始、明治10~20年代には日本各地で盛んに製造されたとのこと。石川酒造も日本酒からビール作りに挑戦し、明治20年(1887年)からドイツ式で醸造し、21年6月には「日本麦酒(Japan Beer)」の商標で販売を開始。しかし王冠の技術が無かったため瓶を破裂させるなど、商品としては未完成で2年程でビール造りから撤退してしまったとのこと。
Ishikawa5そしてそれから111年後の1998年に復活したのが、地ビール『多摩の恵』なのです。日本酒もビールも製造する!これらをつなぐキーワードは『水に恵まれている』ことでしょう。こうした歴史を物語るように敷地内にはビールを醸造するときに用いた直径3メートルはありそうな大きな釜が展示されています。
さてさて、これらビールの味わいや如何に!?
Pilsner先ずは「ピルスナー」。これは下面発酵ビールと表示されてます。下面発酵???
実はビールは、酵母の種類によって発酵法が異なり、10℃以下の低温で長時間発酵させると最終的に酵母が下層に沈む「下面発酵ビール」と、常温で短時間発酵させ炭酸ガスが盛んに噴出し酵母が上面に浮かび上がる「上面発酵ビール」とがあります・・・私は初めて知りました!ビールの歴史からいうと、最初上面発酵ビール(エール)が造られ、その後下面発酵ビール(ラガー)が造られたのですが、下面発酵法は大規模大量生産に適していたため今日では主流となったのです。
話が横にそれましたが「ピルスナー」は、ドイツスタイルのラガーだそうでやや濃い色をしてほろ苦い正にビール!という味わいでした。のど越しにはやや甘い味が残るもののなめらかでマイルドなテイストでした。
Paleale次に「ペール・エール」、先ほど述べた上面発酵ビールです。・・・このタイプのビールは明治時代、日本各地で醸造が試みられたそうです。・・・複雑な香り(バラのような)がしてコクのあるビールでした。
Belgian最後は「ベルジャン・ウィット」、上面発酵ビールです。白く濁った・・・といってもやや透明感にかける程度ですが・・・ホワイトビールとして世界中で親しまれているそうです。このビールは、前の2種類と違って炭酸の刺激が少なくさわやかな印象でした。

こうして3本の「多摩の恵」を楽しみましたが、お値段は一本が消費税込みで609円(500ml瓶のみ)でした。ビールとしては割高ですが、日頃発泡酒など1本百円ちょっとの安いビールを飲みなれている私にとって、久しぶりにビールらしいビールで個性の違いを楽しんで飲めました!そして日本のビールの歴史にも触れることができ、更に新たな知識も得た!・・・こう考えると安い、と言えるかもしれません。

[メモ] ①ピルスナー(Pilsner) 麦芽、ホップ、5%
     ②ペール・エール(Pale ale) 麦芽、ホップ、5.5%
     ③ベルジャン・ウィット(Belgian wit) 麦芽、小麦麦芽、ホップ、
                           麦芽使用比率67%以上、                                                   スパイス、5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チルドビール(追加)

Beer4前回は、チルドビールを3本飲み比べてみました。
その時紹介できなかった「Golden・Hop」を今回は試飲しましたので、報告します。メーカーによるとこのビールの特長は、『後熟ホップが生み出すしっかりとした苦味と爽やかな余韻が楽しめる』となっています。
早速グラスに注いでみます。ビール自体は、やや濃い黄色で少し濁っているというかクリアではありません。酵母が生きている無濾過ビールだからでしょうか。泡立ちは良くてちょっと荒めですが(ビールの注ぎ方にもよるかと思いますが・・・・)、いかにもおいしそうです。
口に含むと舌全体に柔らかい刺激を感じ、のど越しに苦味が残りました。でも後味は、・・・・メーカーでは爽やかな余韻が楽しめると言っておりますが・・・・しつこくなくてあっさりとした印象でした。

チルドビールを4種類試飲しました。それぞれに特長があって楽しむことが出来ました。でも近所の酒屋さんで購入しようとしましたが、残念ながらありませんでした。チルドビールは酵母を生かすため冷蔵配送、賞味期限を製造後60日間とするなど、扱いが一般のビールと異なる点が特長であると同時に課題であるように考えます。賞味期間が短いことはこの期間内で売り切らないと処分せざるを得ず、小さな規模の店舗では負担になって置き難いと言う現実があるように思います。チルドビールの人気が出て普及がすすめば、流通経路が拡大して小規模な店舗でも販売できる、という良い意味でのプラスのサイクルが出来ると思います。
今後のチルドビールの健闘を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チルドビール3本勝負

Beer3キリンビールでは、チルドビールに力を入れています。この4月5日には、一番搾り無濾過(生)を発売しました。キリンビールは、この他に「まろやか酵母」、「豊潤」を発売してますので、今回はこれら3本を飲み比べてみました。
[一番搾り無濾過(生) アルコール分 5.5%]
一番搾り製法で旨味を濾過せず封じ込めた、と言うのがキャッチフレーズ!グラスに注ぐとやや濃い目の黄色のビールで少し甘味も感じられます。口に含むと正にビールらしい舌先に刺激を感じます。長年一番搾りで飲み慣れた感触で正にビールらしいビールと言えます。無濾過の効果はメーカーによると「上質なうまみ」を閉じ込めているとのことです。従来の一番搾りも飲んでみましたが、やや一番搾りのほうが薄黄色で喉越しも強さを感じます。これに対して一番搾り無濾過は、柔らかい口当たりでまろやかさを感じました。とはいっても最初の一口でやや違いを感じる程度です。まぁアルコール類は最初の印象で大体決まってしまいますし、メーカーが「上質なうまみを閉じ込めた!」と言うと、「ああそうかな」と思う効果はあると思いますが、後味が残る感じが従来の一番搾りと異なる点であると思います。
[まろやか酵母 アルコール分 5%]
キャッチフレーズは、「酵母が生きてるチルドビール」で、「酵母の恵みを濾過せず封じ込めた、さわやかな香りとまろやかなコク」と言うものです。グラスに注ぐとうす黄色で透明感が無く少し濁っています。匂いはさわやかな香りというよりも、ちょっと酸味を感じました。あわ立ちはきめ細かく、そのせいかのど越しも柔らかく優しい味わいです。くせの無いマイルドなビールです。
[豊潤  アルコール分 5.5%]
「濃厚だけどやわらかい、麦芽100%チルドビール」が売りの豊潤! 濃い茶色でいかにも濃厚な感じがするビールです。匂いをかぐと、やや甘い香りがしてフルーティな感じがしました。泡はきめ細かく、口に含むと柔らかな感触がします。味はビールの色で感じたとおり濃厚で喉越しはまろやかです。

今回は、同じメーカーで三種類の特長のあるビールを飲み比べてみました。瓶は小瓶で330mlと小さいので、3本並べてグラスに注ぎ色合いや風味を比べながら飲みました。発泡酒や第3のビールなど安いビールが全盛ですが、たまにはちょっぴり贅沢をして本格ビールを味わうのも良いものだと感じました。

参考 キリン・チルドビールの情報はこちらへ
    http://www.kirin.co.jp/brands/chilled/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3のビール

Beer2昨年、サッポロビールが「ドラフトワン」を発売し、
その後サントリーが「スーパーブルー」を発売。
そして今年の4月、キリンビールが「のどごし生」、アサヒビールが「新生」を相次いで発売し、ビール4社の第3のビールが勢ぞろい。

日経BP社の調査によると、これらのビールを飲んだ人の78.5%が「安い割にはおいしい」との評価をしているとか。でも発泡酒と値段が同じになったら、第3のビールを飲んでいる人の40%が発泡酒を選ぶ、と答えたそうです。
つまり、第3のビールは「安さが受け入れられている」のです。

さて、飲み比べてみました。先鞭をつけた「ドラフトワン」、今年春に参入した「のどごし生」、それと比較のために「モルツ」を選んでみました。
第3のビールは、スッキリ系ですね!「ドラフトワン」は薄い黄色、「のどごし生」は黄金色と見た目は違うものの、のど越しはスッキリした感じです。
ただ、泡が唇に触れる感触が本物のビールとは違うな!と思いました。
これに対して「モルツ」は、泡立ちがよく味がしっかりしていて、喉に余韻が残る感じです。やはり本物には負ける!・・・・でも第3のビールは安いから気軽に飲めるし、ジュースの代わりにちょうど良いかも・・・・

さて余談ですが、第3のビールをウェッジウッド社の商品「ジャスパー」(陶器のタンブラー)に入れて飲んでみました。「ジャスパー」はザラッとした表面になっていて、このためか第3のビールの泡が細かくなり、唇の感触も良くなり「生ビール」を飲む感じに近くなりました。
でも残念ながら味は変わりません・・・・まぁ当然ですけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モルツ・天然水仕込み

maltsモルツ・天然水仕込み!テレビで盛んに広告してますね。
最近は焼酎ばかり飲んでますので、今回はビールに挑戦!
実はモルツのプレゼントに応募していたのが、当選したので・・・・


サントリーの説明によると、天然水は長時間かけて地層でろ過され、
水質が安定しミネラルが豊富である、とのこと。
天然水には、群馬の赤城山水系、神奈川の丹沢水系、熊本の南阿蘇外輪山水系、
京都の天王山・京都西山水系、の4種類が使われてます。
さぞかし、水系による味の違いがるのでは!、と期待が高まります。

・・・・で、その味は?  ウ~ン・・・・違いが分かりません!
モルツであることは間違いありませんが・・・
なおサントリーによると、ビール・発泡酒の約9割は水から出来ている、とのことで、
ほとんど水にお金を払っているのか!という感じはありますね。
まあ嗜好品ですから、仕方がありませんけど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール・秋味

2004年9月18日(土) ビール秋味を飲んだ。
私は「季節限定」という言葉に弱いんですね。
缶のデザインは紅葉をイメージし、店頭でこのビールを見てつい買ってしまった。
このビールの売りは、6%というビールとしては高いアルコール度!
それと麦芽が他の種類と比べて1.6本分と多く入っていることとのこと。
さて、そのお味は?
まず見た目は、濃い黄色で麦芽が多そうな印象を与えている。
一口飲んでみると、確かに普通よりも濃い味がして、舌に余韻が残る印象ですね。
印象として、サントリーのエビスビールと似た味ですね。
ただ何口か飲むと、他のビール、例えば同じキリンの一番搾りとあまり変わらないな、
という感じになってしまうのは、ビールという喉越しで味わう飲み物の特性かな、と思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール・極

kiwamiビール・極(きわみ)を試飲。2004年9月12日(日)
アサヒ・ビールから発売された新製品。
「こだわりのきわみ」が売り文句。
原料は、ヨーロッパ産麦芽、ドイツ産ホップ、日本のお米。
こだわりの製造法の上に、チルド配送。
賞味期間を90日に設定、とこだわりをアピール。

さて、その「こだわり」のお味は?
一口飲む。うん!コクがあるというか、濃い味ですね。
しかし、二口、三口と飲むに従い他のビールとあまり
変わらないように感じてしまう。
同じ会社のスーパードライよりは喉にしっかりとした
味が残る感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)