« 2020年3月 | トップページ

ウイスキー・サンピース(Sun Peace)

Sunpeace1スーパーのお酒コーナーには、日本酒、焼酎、ワイン、そしてウィスキーとそれぞれのジャンルで多くの銘柄が並んでいます。その中で今回取り上げる「サン・ピース」を見つけました。このウィスキーは【地ウィスキー】で、メジャーではありません。ではなぜ興味を持ったかというと、酒造名に【宮崎本店】とあり、これを見て私は『キンミヤ焼酎の宮崎本店だ!ウィスキーも作っているんだ!』とびっくり。  このブログで2009年3月『ホッピー』を取り上げました。 「キンミヤ焼酎」は大衆酒場で人気の【ホッピー】に使われています。そもそも「ホッピー」はノンアルコール炭酸飲料の商品名で、この「ホッピー」で「キンミヤ焼酎」を割ったものが酒場で人気の【ホッピー】になっている、という複雑というかややこしい事情があります。それは焼酎であれば何でも良いと言う訳ではなく、キンミヤ焼酎をホッピーで割った場合がベストだからだそうです。こうした事情を酒造も分かっているようで、『キンミヤ焼酎は【下町の酒場を支える名わき役】との位置づけで頑張っている』とのこと。    以上が数あるウィスキーから「サン・ピース」を選んだ理由です。

Sunpeace3 さてこの宮崎本店、三重県の四日市市で創業は1846年と言いますから170年余続く老舗の酒造です。現在までに地域の30余りの酒造を統合する形で大きくなり、敷地は延べ8千坪になるというから驚きです。ホームページを見ると、昭和初期に建てられた貯蔵庫や倉庫が重厚な黒壁で覆われ、歴史を感じさせられます(1996年文化財建造物に指定)。   さて肝心の「サン・ピース」ですが、これは第二次世界大戦後の混乱期に太陽が輝く平和を願い命名したとのこと。かなり歴史のあるウィスキーですが、残念ながら情報がありません。    酒造りには仕込み水が大切なポイントで、この点鈴鹿山脈系の伏流水(これが超が付く軟水だそうです!)を使うことの出来るこの酒造は有利です。この利点を生かしてウィスキー造りも手掛けたのだと推察します。例えば焼酎の製造については、『焼酎は原材料、製法は同じだから、品質の差は仕込み水で違う!この点超軟水の伏流水を使う我が社は有利!』と言ってるとか。    まぁ原材料によって味わいは変わるとは思うんですが・・・

Sunpeace2 情報が少ない中では味わいが決め手ですから、先ずは飲んでみましょう!ラベルにアルコール度37%となってました。 あれ!ウィスキーは40%じゃなかったのかな?と思って調べてみると、ヨーロッパやアメリカではアルコール度40%以上と規定されてますが、日本では最低度数は規定されてません。なるほど37%でもウィスキーとして通用するのです!・・・ただし日本だけで!!では、味わってみましょう!明るい琥珀色で、飲んだ感じは軽快でソフトなものでした。ライトボディのとっつき易いウィスキーでした。  なお酒造によると黒ホッピーで割るのもお勧めだそうです。次は試してみましょう!

 

[メモ] 37% モルト、グレーンスピリッツ

     株式会社 宮崎本店 三重県四日市市楠町南五味塚972

     059-397-3110  http://www.miyanoyuki.co.jp

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ