« 栗焼酎・ダバダ火振 | トップページ | 日本酒・八重垣 純米吟醸 山田錦 »

余談 コーヒー豆の自家焙煎

このブログでは、お酒について酒造の歴史や取り組み、土地柄などお酒にまつわる情報をまとめています。そしてそのお酒からちょっと離れた話題を【余談】というコーナーで随時提供しています。今回はその【余談】だけで記事を書くという大胆な?企画です。しかしこのように大上段に構えたものの今回はお酒の話題から離れて、私が長年やっているコーヒー豆の自家焙煎について紹介したいと思います。

Photo_20190705214301 私がコ ーヒー豆の自家焙煎を始めたのは30代後半ですから今から35年位前です。東京・新宿の「アラビカ珈琲」の店頭で黄土色したコーヒーの生豆を売っており、焙煎用の【ハンドロースター】(網で造られフライパンの形で、はじけた豆が飛ばないようふたが付いている・写真参照)を購入し我が家で焙煎にトライしました。しかしこれが妻には大不評!・・というのも、コーヒー豆の皮がガスレンジの周辺に飛び散り、掃除しても完全に取り除くことが出来なかったのです。このためハンドロースターによる焙煎はたまに行う程度で、ほそぼそと続けたもののその後中断しました。

1_201907052222011_20190705214401 それが約10年前、ある職場でコーヒー博士のO氏に出会ったのです。O氏は自宅に本格的な焙煎機を所有しコーヒー豆はネットで直接買い付ける、という私から見ると雲の上の存在のような人でした。そこで私も焙煎機を買いたいと思って調べましたが、安くても10万円はするので諦めました。そしてO博士と雑談をしていた時オーブントースターを改修したらどうだろう、というアイデアを思い付いたのです。オーブントースターなら熱源が簡単にとれ、焙煎は簡単に出来そうです。とは言え生豆を均一に焙煎するにはどうすればいいのか?!・・・そこで思いついたのが生豆を入れる籠を作りその籠をトースターの中で回転させる、というものです。籠を回転させ取り出す必要があるので、回転用ハンドルと籠の接続には磁石を使うことにしました。こうした考えで製作した第1号器を写真に示します。トースターはスーパーの安売りで買ったので1000円、あとは金網、磁石など材料費が1000円弱で基本的な機能のトースター焙煎器が出来ました。O博士によると焙煎は【最初低い温度でむらしを20分位、そして豆に火が通りだしたら一気に温度を上げてパッチという大きな音がピチピチという小さい音になったら完了】というものでした。つまり温度調節機能が必要なのです。ネットで探すとパワー半導体を使った電力制御器を売っていました。それが何と500円で部品とプリント基板も付いていたのです。早速購入したものの送料が同じだけかかったので温度調節器に1000円、合計3000円で簡易焙煎器第1号が出来ました。実際に試してみるとハンドロースターのように皮が飛び散ることもなくその点は良かったのですが、豆に焼きむらがあるように感じました。生豆が籠の中でもう少し動いて均一に焙煎できれば良いと思ったのです。

Photo_20190705214401Photo_20190705214402 そこで籠がトースターの中で回転しながら上下に動く ように工夫したのが写真に示す2号器です。原理は簡単で、籠の一方の支点を中心からずらすことにより籠の片方が上下して生豆が上下左右に動くようにしたのです。この2号器は廃物利用品で電力切替スイッチがついているので、最初500wでむらしをかけ次に1000wにして一気に加熱すればよく操作がシンプルになりました。ただ籠をトースターの中で上下動させるため小さくしたので、一回で焙煎できる生豆は60~80g位と少なくなりました。

Photo_20190705214302 最後に陶器製のハンドロースターを紹介します。これは私の娘からプレゼントされたもので、使い方は金網製のハンドロースターと同じです。ただ陶器があたたまっているため、焙煎が終わった時から豆を取り出すまでに時間がかかると、焙煎が更に進んでしまい深煎りとなってしまいました。このように使いこなすまでにはもうすこし経験を積む必要があるように思いました。

 

 

 

|

« 栗焼酎・ダバダ火振 | トップページ | 日本酒・八重垣 純米吟醸 山田錦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栗焼酎・ダバダ火振 | トップページ | 日本酒・八重垣 純米吟醸 山田錦 »