« ヨーロッパのワイン | トップページ | 芋焼酎・あらわざ »

ウィスキー・エズラブルックス(Ezra Brooks)

Ezrab1今回は「エズラ・ブルックス(Ezra Brooks)」というウィスキーを飲んでみました。ケンタッキー州のウィスキーなのでバーボンウイスキーと言えば良いのでしょうが、実はライ麦を使ったウィスキーなのです。先ずはバーボンウィスキーの製法をおさらいしてみましょう。
1.主原料は、51%以上のトウモロコシ、ライ麦、小麦、大麦など。
2.アルコール発酵させた後、連続式蒸留機でアルコール度80%以下に蒸留。
3.原酒に加水してアルコール度を62.5%以下にする。
4.内側を焦がしたホワイトオーク樽で熟成。
次に本場アメリカでの法律上の規定は以下の通りです。
1.アメリカ合衆国で製造されたもの。
2.原材料トウモロコシの含有量は51%以上。
3.新品の炭化皮膜処理されたオーク樽を製造に用いる。
4.80%以下の度数で蒸留し、樽に入れる前は62.5%とする。
5.瓶詰めする場合は40%以上。
要するに今手元にあるウィスキーは、アメリカの酒税法上はバーボンウィスキーとは言えないようです。そのためでしょうか、「Ezra Brooks」のラベルには、【straight rye whiskey】とあります。しかしホームページを見ると原材料にトウモロコシを使った「Ezra Brooks」もあるので・・つまりこちらがバーボンウィスキー!。手元のウィスキーはライ・ウィスキーというのが正しいのでしょう!・・まっ、どちらでもいいんです、美味しく飲めれば!。
Ezrab2さてこの蒸留所は、19世紀初頭にケンタッキー州のオーエンズボロでメドレー家が創業したのに始まります。その製法には定評があり、1966年にはアメリカ政府から『ケンタッキー州で最も優れた小さな蒸留所』という評価を得たそうです。話は前後しますが、この「エズラ・ブルックス(Ezra Brooks)」というブランドは1957年に商品化されたのです。ですからブランドの歴史としては60年余になり、比較的新しいブランドです。
さてラベルには、『最高の原材料を使った真正のstraight rye whiskeyであリ、何世代に渡り、確固とした信念で造り、革新的な味わいを備えたウィスキーである。』とPRしております。≪私のかなり適当な訳なので悪しからず≫そして味わいについては『スパイスのきいたフィニッシュ、印象的な芳醇さ』を備えていると自画自賛しております。
さて実際にはどんな味わいでしょうか?
最初はロックで試してみましたが、グラスに注ぐと黄金色というよりも少し赤みがかった濃いアンバー色をしていました。口に含むと優しい感触がしました。口の中で温まるとともに辛口の刺激が強まりのど越しに辛口の余韻が残りました。

[メモ] Ezra Brooks Straight Rye Whiskey  90Proof(45%)
    Aged in New Charred American Oak
   Distilled & Aged in Indiana Bottled by Ezra Brooks Distilling Co.
ST. LOUIS, MO.,USA

|

« ヨーロッパのワイン | トップページ | 芋焼酎・あらわざ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィスキー・エズラブルックス(Ezra Brooks):

« ヨーロッパのワイン | トップページ | 芋焼酎・あらわざ »