« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

南信州ビール

ふるさと納税を初めて利用してみました。
この納税にはいろいろ批判はあるようです。本来は『自分の出身の古里を応援する』との趣旨だったと理解してますが、納税の額を競うため高価な品物を返礼品として出すようになり、本来の目的から離れているように感じています。
Shinshub01_2そこでふるさと納税を利用するにあたって、酒好きの私としては【地酒、地ビール、地ワイン】などその土地の特徴のあるものに限って利用してみることにしました。ただ私のふるさと・・・といっても両親の出身地宇和島市ですが・・・返礼品にはアルコール類は無いので、他の自治体を当たることにしました。なお宇和島市は2018年7月の西日本大雨災害で浄水場の崩壊など甚大な被害を受けたので、ささやかながら義捐金の寄付をしました。
前置きが長くなりましたが、結果として長野県の宮田村(ミヤタではなくミヤダ、と読むそうです)の「南信州ビール」をチョイスしました。
Shinshub02_2宮田村は長野県の中央部よりやや南、中央アルプスのふもとにある南北に細長い自治体です。そして天竜川を挟んで南東方向に南アルプスを望む高原の村です。こうした自然環境なので、気温は冬季マイナス15度を下回る日が多く、適度な湿気をもたらす霧が発生し、更に中央アルプスの雪解け水が花崗岩質の土壌にしみ込みろ過されて良質な軟水となって湧き出る、と正にウィスキーの醸造に適した気候になっています。このためでしょう、「マルス・ウィスキー」のブランドで知られる本坊酒造が・・・焼酎だけではないのです!!・・・マルス信州蒸留所を1985年に開設しています。
ところで南信州ビールの会社について調べてみると、社長はなんと本坊修氏となっています。氏は本坊酒造の代表取締役会長でもあります。この会社の営業開始が1996年(平成8年)7月となっているので、マルス信州蒸留所で実績のある本坊酒造が地ビールの立ち上げに尽力したのであろう、と想像します。
さて今回の南信州ビールは【おすすめセット】というもので、3種類のビール「ゴールデンエール、アンバーエール、クリスマスエール(冬季限定)」(各330ml)が計12本入ってました。
Shinshub03_2Shinshub04_2早速試飲してみました。
先ずは「ゴールデンエール」から・・・色は濃い茶色ですがいい香りがしました。色が濃いので濃厚な味わいかと思ったら意外にすっきりとした味わいでした。
次は「アンバーエール」です。アンバーと言うように茶系の濃い色合いで、濃厚で力強くやニガ味のある味わいでした。
最後は冬季限定の「クリスマスエール」です。
前の二つと比べると色はやや薄いものの少し甘い香りとほろ苦さのある味わいでした。
いつも発泡酒を飲んでいる私には、ちょっと濃いめの本格ビールを味わえて幸せな気分になりました。
なお宮田村のホームページには、【ふるさと納税をどういう目的に使ってほしいか】というアンケートの項目がありました。私は【子供の教育など】という項目にチェックを入れました。次代を担う子供たちが元気に育って欲しい、という願いを込めました。

[メモ]  南信州ビール  ゴールデンエール   5%
                アンバーエール    5.5%
                クリスマスエール   7.5%
     南信州ビール(株) 駒ケ岳醸造所
     長野県上伊那郡宮田村4752-31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋焼酎・復刻 手造りおはら

Ohara01久しぶりに芋焼酎を飲んでみました。
鹿児島県南さつま市・本坊酒造の「復刻 手造りおはら」です。
この焼酎は、昭和50年代後半に鹿児島工場で手造りの甕仕込みで造られて、鹿児島県だけで販売されたものだそうです。そしてこれはその復刻版と言うわけです。
【本坊酒造】は、資本金1億円、従業員数約200名、というこの業界では珍しい大会社です。この会社は1872年(明治5年)に設立されましたが、その後ウィスキー醸造を手掛けます。これは、明治から大正にかけて日本のウィスキー造りに貢献した岩井喜一郎氏を1945年(昭和20年)に本坊酒造に迎え、ウィスキー醸造免許を取得し1960年(昭和35年)に山梨県に蒸留所を開設したのが始まりです。その後【地ウィスキー】の火付け役となったりして、1985年(昭和60年)には長野県駒ケ岳山ろくに【マルス信州蒸留所】を開設し、2016年(平成28年)には創業地である南さつま市に津貫蒸留所を新設し、ウィスキーのほかこの「復刻 手造りおはら」も醸造しています。
一方『日本の風土を活かしたワイン造り』を目指し、1960年(昭和35年)に山梨県笛吹市に【マルス山梨ワイナリー】も開設しております。もちろんこの酒造では、メインの焼酎(芋、麦、米)のほか梅酒も造っているので、まさに『総合アルコール醸造会社』として業界の一角を占める大会社となっています。
Honbou01Honbou_tsunukiこの焼酎を醸造する【津貫貴匠蔵】のある南さつま市加世田津貫は創業地で、この地名は加世田から東シナ海に面する防津・・・昔は中国等へ出港する港町として栄えた・・・にぬける(貫ける)道の途中にある場所ということで【津貫】となった、とのことです。この津貫には、多くの石蔵が建てられていて一年を通して温度差が少ないので貯蔵庫として活用され、例えば樫樽に焼酎の原酒を貯蔵することで、樽の香りと色がわずかに溶け込み淡く黄色みを帯びる【熟成原酒】になるとのこと。なおこの地に昔は鉄道が石蔵まで引き込まれ、工場の燃料や製品の搬出に利用されていたそうで、往時の繁栄が想像できます。
Ohara02さてこの「復刻・手造りおはら」は、本社にある津貫貴匠蔵で伝統的な製法で造られています。すなわちさつま芋は黄金千貫、黒麹を使い、常圧蒸留の後甕壷で仕込んでいます。また割り水には津貫の天然水を使っています。こうして出来上がった復刻版「手造りおはら」は、酒造によると『柔らかく、旨味とコクがあって、甘い香りと味わいが感じられる。』そうです。
実際にはどうでしょうか、早速試してみました。
酒造のお勧めの飲み方は、お湯割りとロックなので、先ずはお湯割りで試してみました。
口に含むと確かに柔らかい感じがしましたが、そんなに甘みを感じることはなく、のど越しに辛口の余韻が残りました。黒麹仕込みで常圧蒸留なのでガツン系かなと思いましたが、それ程強くは無くしっかりとした味わいでした。次にロックで試してみましたが、アルコール度が高くなっただけに辛口の度合いが強くなったように感じました。

[メモ] 25%、原材料/さつま芋(鹿児島県産)、米麹(国産米)
     本坊酒造株式会社
     鹿児島市南栄3丁目27番地   http://www.hombo.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »