« ワイン・コンテ・デ・カンピアーノ(イタリア) | トップページ | 米焼酎・オオスズメバチ »

芋焼酎・古酒 池の露

Ikenotsuyu1芋焼酎の「古酒 池の露」を飲んでみました。
この焼酎は熊本県の天草半島にある酒造で「天草酒造」という、まぁ名前は平凡というかありきたりなつけ方ですが(失礼!!)、熊本で芋焼酎は珍しいと思ったので、選んでみました。
Amakusa3さてこの天草酒造は明治32年(1899年)に平下榮三氏によって創業されました。そして芋焼酎を造り始めたのですが、ここで先ほど述べた『熊本なのに芋焼酎?』という疑問がわきます。その理由は酒造の立地条件によることが分かりました。地図で見ると酒造は天草半島の南側に位置し、対岸の獅子島・長島は鹿児島県で距離的に近く、鹿児島の焼酎文化の影響を強く受けてきたのです。創業者は杜氏を長島から迎え、原料のサツマイモは舟で運搬して来たとか。こうして芋焼酎「池の露」は世に出、その後昭和16年(1941年)には二代目が「池の露合名会社」へと変更しました。しかし時は移り熊本県で米焼酎作りが盛んになると、米焼酎の端麗な味わいが人気となり、芋焼酎独特の風味が嫌われ人気は下落。当時の「池の露合名会社」の当主は、仕込みのない時期は出稼ぎに出ざるを得なかったそうです。
こうした事情から昭和55年(1980年)に芋から米焼酎への切り替えを決断し、その後合名会社「天草酒造」として米焼酎「天草」一本で勝負。これが人気を得て経営的に安定し平成13年には麦焼酎「麦・天草」を販売、と事業を拡張しすることができました。そして遂に平成18年(2006年)26年ぶりに芋焼酎「池の露」を復活させたのです。
Amakusa1Amakusa2従業員が9名という小さな蔵ですが、古い物を大切にしながら丁寧な手造りにより品質向上を図っています。例えば麹菌をかける【麹箱】は普通杉の木で作りますが、箱の底を竹で編んだものにして空気の流通を良くして酒造の環境(海岸沿いで高温・多湿)に対応(写真左 写真の人物は4代目社長平下豊氏)、昔ながらの兜窯式蒸留器(通称 チンタラ蒸留器)を使うなど、伝統を守りつつ挑戦を重ねているのは素晴らしいと思いました。
なお兜窯蒸留器は原形は江戸時代にありk、兜の形をした窯で原材料を蒸発させ上に重ねた木樽で蒸留液を集める方式で、鉄窯が熱せられると「チンチンチン」と音を出すことからチンタラ蒸留器とも言われたそうです。
Ikenotsuyu2では小さな蔵の「古酒 池の露」の味わいはどのようなものか、さっそく試してみましょう!
お湯割りで試してみましたが、一言で言うと優しい味わいの印象でした。少し甘い香りを感じたものののど越しにやや辛口の余韻が残るものでした。古酒とありますが、何年物か表示が無いので分かりません。全体として柔らかくふくよかな味わいの芋焼酎でした。

[メモ] 25% さつまいも、米こうじ(国産米)
    合名会社天草酒造
    熊本県天草市神和町小宮地11808  http://ikenotsuyu.com/

    酒造に関する写真は、ホームページがら拝借しました。
   

|

« ワイン・コンテ・デ・カンピアーノ(イタリア) | トップページ | 米焼酎・オオスズメバチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・古酒 池の露:

« ワイン・コンテ・デ・カンピアーノ(イタリア) | トップページ | 米焼酎・オオスズメバチ »