« ウィスキー・Robert Burns | トップページ | 芋焼酎・烈吼(れっこう) »

芋焼酎・HOUZAN MOJITO(宝山モヒート)

Mojito3例によって東京・狛江の籠屋さんにお酒を買いに行ったところ、スタイリッシュな瓶が目につきました。
ラベルはすべて横文字で書かれていて、「HOUZAN MOJITO」とあります。はて『ホウザン モジト』?何だろう??『ホウザン』といえば『宝山』、西酒造の銘柄についている名前だけど・・・などとあれこれ考えながら裏のラベルを見ると「宝山モヒート」と書いてありました。『なあんだ【モジト】でなくて【モヒート】か!』、と納得したものの、では【モヒート】とは何でしょうか?   ウィキペディアで調べてみました。
Mojito1MOJITOはスペイン語で発音は「モヒート」、ラム酒をベースとしたカクテルで冷たいロングドリンク。キューバが発祥で、標準的なレシピは、ラム酒(40ml)、ライムジュース(30ml)、ミント(6葉)、砂糖(スプーン2杯)、炭酸水少々、とのこと。ミントの香りがするさわやかなカクテルだそうです。一度お試しあれ!
またキューバには「モヒート」と似たカクテルで「ダイリキ」があり、ラム、ライム、砂糖、氷のカクテルです。これはキューバのダイリキ鉱山で暑さの中で労働する人が、リフレッシュするために発明された冷たい飲み物で、鉱山の名前を取って「ダイリキ」と命名されたものです。
Mojito2かの有名な文豪ヘミングウェイはこれらのカクテルを好み、『わがダイリキはフロリディータにて、わがモヒートはボデギータにて』と言ったそうです。なおブロリディータとボデギータはキューバの首都ハバナの旧市街にある有名なバーだそうで、文豪ともなると飲み物によって店を変えるんですねぇ・・・。キューバに行く予定のある方は立ち寄ってみることをお勧めします。(写真はボデギータの様子、ウィキペディアより)
さて「HOUZAN MOJITO(宝山モヒート)」はどのように造られているのでしょうか?
Mojito4この芋焼酎は、つくる過程のもろみ状態の中にミントを仕込み、蒸留したものだそうです。こうすることでミントの香り豊かな芋焼酎・宝山モヒートができる、という訳です。封を切って香りをかぐとかすかにミントの香りがしました。もっと強い香りがするかと思っていたのでちょっと意外でした。ただあんまりミントの香りを強く出すと芋焼酎独特の香り・テイストが損なわれるので、バランスが難しいのだろうと推察します。
ではさっそく試してみましょう!
アルコール度は20度なので、先ずはロックで。ミントの香りがほんの少ししますが、まぎれもない芋焼酎でした。暑い夏にはさっぱりした飲み物が好まれるので「宝山モヒート」は丁度良いと思いました。ただ個人的にはもう少しミントが強くてもよいのかも・・・ミントが手に入れば試してみたいと思います。

[メモ] 20度、薩摩芋(鹿児島県産黄金千貫)、米麹(国産米)、ミント
     西酒造株式会社  鹿児島県日置市吹上町与倉4970-17


|

« ウィスキー・Robert Burns | トップページ | 芋焼酎・烈吼(れっこう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/65697366

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・HOUZAN MOJITO(宝山モヒート):

« ウィスキー・Robert Burns | トップページ | 芋焼酎・烈吼(れっこう) »