« 芋焼酎・霧島 志比田工場原酒 | トップページ | ウィスキー・Platte Valley(プラット ヴァレー) »

日本酒・丹沢山

Tanzawa2今回紹介するのは、神奈川県山北町・川西屋酒造店の「純米酒 丹沢山」です。なお「丹沢山」は『たんざわさん』と呼ぶそうです。・・・で実はこのお酒、知人から『美味しいお酒だよ!』と言われて貰ったものです。ラベルには【純米酒】という表示の他に【吟醸造り】とも・・・【純米吟醸】とはどう違うのかな?そんな疑問もあってちょっと調べてみました。
さて神奈川県は東京都の隣ですが、山北町がどこにあるのか私には見当つきません。地図を見ると・・・山北町は神奈川県の西部にあり、町の中心部は東名高速の大井松田インターを過ぎてJR御殿場線と高速に挟まれた地域で、その他はほとんどは丹沢山系などの山地です。
Tanzawa1この酒造は1897年(明治35年)創業で約120年続いていて、その酒造りのポリシーは【食べ物との一体感】で日本酒と食べ物の調和を追究しているとのこと。そのため原材料には最高のものを求め、特に酒造好適米には足柄若水、越後五百万石などを使い、特に地元産の足柄若水は農家と栽培契約を結んでいるそうです。更に仕込み水には、丹沢山系の地下水を使っているとのこと。
さて冒頭記した純米酒の「吟醸造り」と「純米吟醸」との違いですが、裏のラベルを見ると「純米吟醸 丹沢山」と書いてありました。・・・なぁんだ、同じことか・・・まぁ当然かもしれませんが、この酒造では「手造り吟醸造り」として酒造好適米を少量ずつ(10kg程度)洗米し低温で長期発酵させる方法を行っているそうです。少量ずつなのでかなり手間ひまのかかる製法だと思います。そして仕込みは三段仕込みだそうで、①酵母を増やす【初添え】、次に麹と米を加えてアルコールを生成する②仲添えと③留め添えを繰り返す工程を経て日本酒を造っているとのこと。
Tanzawa3さて「純米吟醸 丹沢山」の飲み心地は?
冷やして飲むのがお勧めとのことなので、冷酒にして飲んでみました。
先ず口に含むとほんのり甘味を感じました。そして口の中で温まると芳醇な香りが強くなり、でものど越しには辛口の余韻が残る、という味わいでした。口当たりもいいし、ついつい盃を重ねてしまいました。要注意のお酒でした。


[メモ] 15度以上16度未満 原材料:播州山田錦(兵庫県産)、米麹(国産米)
    精米歩合 55%、日本酒度 +3.5、2017年2月製造
    合資会社 川西屋酒造店
    神奈川県足柄上郡山北町山北250

|

« 芋焼酎・霧島 志比田工場原酒 | トップページ | ウィスキー・Platte Valley(プラット ヴァレー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/65349584

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒・丹沢山:

« 芋焼酎・霧島 志比田工場原酒 | トップページ | ウィスキー・Platte Valley(プラット ヴァレー) »