« 秩父の地酒1・秋あがり 秩父錦 | トップページ | 秩父の地酒3 武甲正宗 »

秩父の地酒2・特別純米 秩父錦

Chichibun4前回は「秋あがり 無濾過原酒 秩父錦」を楽しみましたが、今回は特別純米の秩父錦を飲んでみました。
前回は酒蔵の歴史について紹介しましたが、肝心のお酒そのものについて述べなかったので、まずはその特徴から・・・
先ず第一に挙げられるのは、酒造りに適した自然だと考えます。秩父地方は寒暖の差・・・一日の温度差も、冬と夏の気温差も・・・が非常に大きく、酒造りに適した環境に恵まれていることです。
次に良質な水に恵まれていることでしょう!埼玉、山梨、長野の3県が接する甲武信ケ岳(こぶしがたけ)に源を発する荒川水系の水と、秩父山系の雪解け水が山肌にしみ込み樹林と石灰層に浄化されて、ミネラルを含んだ石清水に恵まれているのです。そして最後は厳選された酒造好適米を使っていることで、兵庫の山田錦や長野の美山錦が使われています。
Chichibumatsuriこのほかに私は秩父の土地柄が、秩父の地酒を磨いてきたように思います。・・・というのも、秩父地方には数多くの神事、お祭りが行われ・・・特に秩父夜祭り(写真左)などは有名です・・・、神事等には日本酒が必須だからです。こうした酒造りに適した自然環境と人々の営みが相まって、秩父の地酒を旨い酒に造り上げた、と私は考えます。
そして寛延二年(1749年)に創業した酒造は、手造りの伝統ある酒造りの技術を生かし磨きあげ、芳醇なコクのあるお酒として定評を得ているのだと思います。
さて今回の「特別純米 秩父錦」はどんな味わいでしょうか!?
Chichibun5この「特別純米」は秩父錦の中では最も人気が高いそうですが、データ的には、美山錦を使い60%まで精米、アルコール度は15%、日本酒度+2.0、酸度1.5に仕上げてあります。
ここで日本酒度は酒の甘辛の感じを左右しますが、0を中間とすると+2はほんの少し辛口の味わいになるようです。・・・なお【マイナス】が大きくなると甘口になる傾向があります。
次に酸度ですが、値が大きければ「こくがある、濃醇」、小さければ「さっぱり、淡麗」の味わいになるとのこと。・・・このデータは、「純米酒を極める」上原浩著・光文社新書の【日本酒度と酸度の関係から見る酒の味】(同書188頁)によると『淡麗辛口』となりますが、さてどんな味わいでしょうか?!
早速試してみましょう!
ラベルに記載されている「特別純米 秩父錦」の飲み方は、常温と冷やしてがお勧め(◎)で、私が好むぬる燗は〇でした。・・・なので先ずは常温で飲んでみました。口に含むと刺激が無くまろやかな感触!そしてのど越しにちょっぴり辛口の余韻が残りました。全体に優しい味わいのお酒でした。次に冷酒にして飲みました。冷たくしても口当たりが良くて飲みやすく、のど越しに辛口の余韻が少なく「あっさり系」のお酒でした。

[メモ]  15度以上16度未満、原材料:米(国産)、米こうじ(国産米)
      精米歩合 60%
      株式会社 矢尾本店
      埼玉県秩父市別所字久保ノ入1432番地
      Tel 0494-22-8811   http://www.yao.co.jp/


|

« 秩父の地酒1・秋あがり 秩父錦 | トップページ | 秩父の地酒3 武甲正宗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/64497481

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父の地酒2・特別純米 秩父錦:

« 秩父の地酒1・秋あがり 秩父錦 | トップページ | 秩父の地酒3 武甲正宗 »