« 芋焼酎・黒瀬(紫芋) | トップページ | 秩父の地酒1・秋あがり 秩父錦 »

芋焼酎・黒瀬(紅芋)

Kuroser1今宵は「やきいも焼酎 黒瀬」の紅芋バージョンを飲んでみました。
前回は紫芋の「やきいも焼酎 黒瀬」を飲んだのですが、【紅芋】の黒瀬はどんな味わいか比べてみましょう!
ところで紅芋とははどんなさつま芋か、紫芋は果肉が紫色だったので、紅芋は果肉が赤いのでしょうか?
先ず「黒瀬 紫芋」では、頴娃町産の紫芋【頴娃紫】(写真左)と【パープルスウィートロード】(写真右)が使われています。
EimurasakiPapleswietどちらも果肉が紫色です。これはアントシアニンが含まれているからで、このアントシアニンは、目の健康を守る効果のほか強い抗酸化作用や免疫力向上などの効果があると言われています。なお【頴娃紫】は、鹿児島県南部の頴娃町で少量生産されている上質の紫いもです。上品でくせのない甘さが特徴です。また【パープルスウィートロード】も皮と果肉が紫色で甘み豊かなさつま芋とのこと。
Benisatuma1一方【紅芋】は「紅さつま」ともいわれますが、写真の通り皮は赤色ですが果肉は黄白色です。ちょっと意外ですね!
このさつま芋は早掘りに適した品種で、鹿児島県では多く栽培されて甘みが強く美味しいとの評判です。ということは、「黒瀬(紅芋)」は甘みの強い焼酎になっているかもしれません。
さてここで鹿児島酒造について簡単に紹介しておきましょう。
Denshoukura2_2この酒造は、安楽酒造として阿久根市で1954年(昭和29年)2月に焼酎造りを始めました。阿久根市は、前回も取り上げたように焼酎造りでは歴史のある地区です。その後昭和42年に杜氏の黒瀬安光氏が阿久根工場に着任。氏は焼き芋焼酎の開発など、数々の功績を上げます。そして1986年(昭和61年)7月鹿児島酒造として事業を引き継いで現在に至ります。阿久根工場をグーグルで見たので写真をちょっと拝借しました。全体に黒を基調としたなかなかシックな建物です。
Kuroser2Kuroser3さてどんな味わいか試してみましょう!
お湯割りでも香りはそんなに強くなく、ほんのりとしたものでした。紅さつまは甘みが強いと聞いてたのでちょっと意外な感じを受けました。それに口当たりも柔らかいものでした。
次にロックで飲んでみましたが、刺激が少なく飲み易かったです。紅芋の黒瀬は優しい味わいでつい飲み過ぎてしまいました。

[メモ] 25度 原材料 甘藷、米麹(タイ産米)
     単式蒸留しょうちゅう
     鹿児島酒造株式会社 黒瀬杜氏伝承蔵
     鹿児島県阿久根市栄町130番地
     Tel 0996-72-0585 http://www.kagoshimasyuzou.jp

|

« 芋焼酎・黒瀬(紫芋) | トップページ | 秩父の地酒1・秋あがり 秩父錦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/64398885

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・黒瀬(紅芋):

« 芋焼酎・黒瀬(紫芋) | トップページ | 秩父の地酒1・秋あがり 秩父錦 »