« 日本酒・九重桜(その2) | トップページ | ウィスキー・The Irishman »

芋焼酎・鶴見(黄麹)

Tsurumi01行きつけの東京狛江市の籠屋さんを訪れると、「鶴見・黄麹」が目に入りました。
「鶴見」と言えば白麹づくりで、地元では一日の疲れを取るために家でゆっくり飲む、いわば【ダレヤメのレギュラー酒】と言っていいでしょう。その「鶴見」に黄麹造りがあるとは!!
一般に、黄麹は日本酒向けの麹で傷みやすく寒冷地向きで、温暖な気候の九州では不向きと言われてます。なので黄麹仕込みの芋焼酎は珍しいので、早速購入!どんな味わいか、楽しみです。
さて「鶴見」は阿久根市の大石酒造が造っていますが、この酒造を明治32年、大石長次郎が創業しました。阿久根にはシベリアから鶴が飛来し集団で羽を休めていることから、「鶴見」という銘柄にしたとか。以来「鶴見」は通好みの芋焼酎として知られています。長次郎は昭和30年に二代目大石軍吉に酒造を譲るまで約60年ほど焼酎造りの第一線で頑張ったのです。現在は五代目の大石啓元(ひろもと)氏が平成5年から蔵を仕切っていますが、氏はもともとエンジニアで今は『ブランド毎に個性を感じさせる焼酎』を造ろう、と努力されてます。
Tsurumikabutoその一つが「古代かぶと釜蒸留の再現」です。これは江戸時代に薩摩で組織された農民兵隊が焼酎を蒸留するために【かぶと】を使ったという記述が古文書に残っていて、五代目当主はこのかぶと式蒸留の再現を目指してトライしたのです(添付の絵図を参照のこと)。正にエンジニアらしい取り組みです。この蒸留法で造った芋焼酎には、かぶと鶴見、かぶと莫祢氏(あくねし)、がんこ焼酎屋35%、があります。なお莫祢氏は、平安時代末期から安土桃山時代に現在の阿久根市地方を治めた豪族で島津氏に仕えたときに「阿久根」に名前を変更してます。
Tsurumi02なお大石酒造のホームページには『かめ・とっくりギャラリー』も掲載されてます。実はビン詰焼酎が販売される以前に「通いとっくり」なるものがありました。それは酒造が「とっくり」を貸し出し、買い手はこのとっくりを持参して焼酎を入れてもらっていたので、とっくりが行き来しているのでこうした名前がついたとのこと。こうした焼酎にまつわる歴史を知ることが出来る、元エンジニアの当主の知恵があふれたこのホームページは必見です。
さて黄麹の「鶴見」はどんな味わいか、早速試してみました。
定番のお湯割りで・・・香りはやや刺激があるものの、飲み口は意外とやわらかで飲み易かったです。全体に濃厚なしっかりとした味わいの中にまろやかな甘みも感じられました。

[メモ] 25% 原材料:さつま芋(地元産白豊使用)、米こうじ(黄麹)
    大石酒造株式会社
    鹿児島県阿久根市波留1676
    Tel 0996-72-0385    http://www.oishishuzo.co.jp/

|

« 日本酒・九重桜(その2) | トップページ | ウィスキー・The Irishman »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/64230063

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・鶴見(黄麹):

« 日本酒・九重桜(その2) | トップページ | ウィスキー・The Irishman »