« マイワイン・TAKE-BOW(たけぼう) | トップページ | 日本酒・左大臣 »

芋焼酎・土竜(もぐら)

Mogura1さつま無双(株)の「芋焼酎 土竜」を飲んでみました。
それにしても「もぐら」のことを何故【土竜】と書くのでしょうか?土の中で生きる生物だけど体長が小さく、とても【竜】というイメージには程遠いですし・・・。調べてみると【土竜】というのは本来「みみず」のことで、16世紀中国の『本草綱目(ほんぞうこうもく)』という薬学の書籍で確認出来るそうです。一例として「みみず」から造られた漢方薬に「赤竜」や「地竜」の名があるとのこと。・・・どうやら近世以降に漢字の誤用があって本来の「みみず」が「もぐら」となってしまったようです。それでもなぜ、あの小さな「みみず」に【竜】の文字が当てられたのか、という疑問は残りますが・・・
おっといけない、私の悪い癖で話が冒頭から横にそれてしまいました。
Mogura2さて今回の「芋焼酎 土竜」は、良質のさつまいも黄金千貫が入った時に仕込むそうで、ラベルには【さつま無双記念古酒 荒濾過】と表示されてます。
普通焼酎を蒸留した後、原材料から生じた雑味成分を除くため濾過します。「土竜」シリーズには無濾過のものがありますが、これは良い意味での「土くささ」が感じられる仕上がりになっているそうです。今回は荒濾過なので、無濾過ほどのインパクトはないかもしれません。その代わり飲みやすくなっているかも・・・。
Satsuma12この酒造「さつま無双」は、製造法にもこだわりをもっていて、蒸留器には木樽を使い、貯蔵には樽、甕壷、タンクを使用しているそうです。特に蒸留器は木樽はせいぜいもって5年だそうですが、蒸気がやわらかく杉の木の香りが移り芋本来の甘みとまろやかな味わいを生み出すことが出来るので使用しているそうです。また仕込み水の受水槽に抗菌性に優れ水温を安定させる効果がある木樽を使っているとのこと。
Satsuma14更に素焼きの甕には無数の気孔があるので、この気孔に詰まった空気によって熟成が進むと考えられていて、外気の影響を避けるため地中に埋設してあるそうです。
このようにさつま無双(株)は【こだわりの酒造】と言えそうです。
そういえば、焼酎のネーミングにもこだわりがありますねぇ・・・例えば「蟇目(ひきめ)」、「坐忘(ざぼう)」、「竈(かまど)」、などなど。私には読めないし意味がわからない名前が多くて・・・
さて、「芋焼酎 荒濾過 土竜」は、どんな味わいか!?
先ずは定番のお湯割りで・・・甘い芋の香りがしてGood!口に含むと柔らかくやさしい感じがしましたが、のど越しには辛口の余韻が残りました。ほんとに芋らしい芋焼酎でした!!
次にロックで試してみました。香りは弱くなりましたが、口に含んで温まると辛口の味わいが強まりました。ロックは口当たりが良いのでついついグラスを何杯も重ねてしまいました。もぐらはおとなしい小動物と言われてますが、こちらの「土竜」は飲みすぎると暴れだしますね!要注意です。

[メモ]  25度、さつまいも、米こうじ
      焼酎ネゴシアン さつま無双株式会社
      鹿児島市七ツ島一丁目一番十七
      Tel 099-261-8555    http://www.satsumamusou.co.jp

|

« マイワイン・TAKE-BOW(たけぼう) | トップページ | 日本酒・左大臣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/63966783

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・土竜(もぐら):

« マイワイン・TAKE-BOW(たけぼう) | トップページ | 日本酒・左大臣 »