« ウィスキー・グレンマレイ(Glen Moray) | トップページ | マイワイン・TAKE-BOW(たけぼう) »

芋焼酎・夢音(ゆめおと)

Yumeoto1今回は、父の日にもらった芋焼酎「夢音」を飲んでみました。
ラベルには、『吉田類 撰』の文字が!! 
【吉田類】といえば、BS-TBSの番組【酒場放浪記】に出演しブレークした高知出身の詩人です。番組では、口ひげを生やし黒づくめの服装に黒のベレー帽、とかなり気障なスタイルで、当初は東京を中心に酒場を訪ねてましたが、最近では全国に展開して今やBS-TBSの人気番組の一つです。
番組の魅力は何でしょうか?!吉田さんが訪ねる酒場(高級ではなく、焼き鳥などの大衆酒場!)の紹介もさることながら、最後に顔を赤くした吉田さんが後ろ手に組んで一句詠みながら・・・キザですねぇ・・・『もう一軒』と去っていくお約束の場面で、視聴者は安心して別の番組にチャンネルを合わせるのかもしれません。
Yumeoto2さて【吉田類の酒王】というブログをのぞいてみると、2010年6月23日の記事に芋焼酎「夢音」が紹介されてました。それによると「夢音」という名前は俳句仲間の俳号を使ったとのこと。そして飲み方は、夢音6に水4の割合でグラスに満たし、そこにかち割り氷を入れるのが良いとのこと。こうすると、『芋の葉に溜まった朝露を飲む心地がして、のどもとで熱くはじける感じがする。』・・・と、詩人らしい表現をしています。
更にラベルには『あわ雪の夢や たびじの果なれば』との【吉田類】の俳句が載っています。この句の意味は、『夢音を飲んだ時芋焼酎の味わいがふっと消える感覚があり、それがあわ雪のイメージに重なった。』とのこと。なるほど!・・・でも私のような凡人にはちょっとついていけない詩人の感覚です。
ところでこの「夢音」を造っている丸西酒造はどんな酒造でしょうか?
Marunishi1資本金は156万円、従業員は13名と、とても小さな酒造です。
でも大正5年(1916年)の創業と言いますから、長い歴史があります。その歴史は明治時代に【開田事業】が始まったのがきっかけだそうです。【開田事業】とは、酒造のある蓬原地区は水資源が乏しいシラス台地にあり、ここに上流で取水した水を導き広大な田畑にする事業で、結局昭和24年(1949年)に完成しました。この【開田事業】が始まったころに焼酎造りの機運が高まり、多くの小さな焼酎蔵が出来たとのこと。こうした蔵の一つが丸西酒造で、創業当時の仕込み甕壷を使い昔ながらの手作りで焼酎を造っています。
開田事業によって出来た豊かな田畑で育った良質なさつまいもを材料に、仕込み水にはシラス層でろ過された甘く柔らかい菱田川の伏流水を使っているそうです。
Marunishi3なお酵母は「蔵つきの酵母」・・・つまり古くから蔵に存在している酵母・・・を使っているそうで、昔ながらの手作り焼酎の伝統を守り続けているとのこと。そのためでしょうか?!商品には熟成した古酒を使った「むかしむかし」とか、「うなぎ」や「小さな小さな蔵で一生懸命造った焼酎です」というネーミング(黒、白、紅、黄のそれぞれ麹で造ったもの)など、ユニークな名前の焼酎を造っています。右は丸西酒造を紹介する写真で、ネットから借用しました。
さてどんな味わいでしょうか?
先ずは定番のお湯割りで試して、次に前述の吉田類方式で飲んでみましょう!
お湯割りにすると芋焼酎らしい甘い香りがしましたが、そんなに強くなくほんのり匂う程度でした。口に含むと辛口のしっかりした味わい。これは黒麹を使っているためでしょう。次に類方式で試してみました。水割りだとお湯割りのような香りは出ませんが、口に含むと辛口の中にほんの少し甘味を感じました。でも朝露を口に含んでいるような感触はありませんでしたねぇ・・・吉田類さんのような微妙な味わいを感じるのはちょっと・・・。

[メモ] 25度、原材料:さつまいも、米こうじ(タイ産)
     丸西酒造合資会社  http://marunishi-shuzo.com/
     鹿児島県志布志市有明町蓬原1397-1番地

    吉田類 夢音 http://sakeo.shopdb.jp/2010/06/blog-post_23.html

|

« ウィスキー・グレンマレイ(Glen Moray) | トップページ | マイワイン・TAKE-BOW(たけぼう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/63845399

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・夢音(ゆめおと):

« ウィスキー・グレンマレイ(Glen Moray) | トップページ | マイワイン・TAKE-BOW(たけぼう) »