« ウィスキー・TEACHER’S | トップページ | 百年梅酒プレミアム »

ワイン・TAKE-BOW

Takebow2015山梨県甲州市の「まるきワイナリー」の【マイワイン・システム】を利用してかれこれ7、8年になります。ここのシステムの特徴は、契約した年のブドウで醸造したワインを5年間に渡って蔵出しできることです。またラベルは自分でデザインしたものを貼り付けてもらえるのです。・・・正に世界に一つしかない【マイワイン】です!!
名前はこのブロクの『たけぼう』を英語読みして、それらしい「TAKE-BOW」としました。ラベルは季節感を盛り込みたいと考えて、春には桜、秋には紅葉などをあしらうことを基本としてますが、これが意外に難しくフォトショップでつくるのに四苦八苦しています。・・・何と今回は晩秋の11月末に完成・・・。
Marquis7ラベルの背景はもみじの紅葉をネットから無料のものを入手し、まるきワイナリーに出かけた時に撮影したものをはめ込み、紅葉の中にワイナリーが見える構図にしました。今回のラベルでは、ワイナリーの手前にワインボトルが写っています。これはワイナリーの直ぐ前の交差点に置かれた大きなコンクリート製で『ワインをどうぞ』との文言があります。いかにもワインの町甲州市勝沼町らしいと感じてパチリ、電柱や電線を消してラベルにはめ込んでみました。なお春バージョンの桜のラベルも載せておきます。
Mywine20153Mywine2015autumn2春と秋のバージョンで必ず羊が載っているのに気づいた人がいるかもしれません。これは今年が羊年だからではなくて、まるきワイナリーが羊を飼っていることによります。ホームページにも掲載されてますが、羊が雑草を食べてブドウ畑をきれいにしてくれて羊の糞は肥料となる、いわば循環型農法とでも言うのでしょうか、ブドウ栽培にこの農法を採用している象徴としての【羊】なのです。ただ春バージョンの羊は可愛い過ぎたので少しリアルな感じの羊を使いました。
さて【マイワイン・システム】の蔵出しが底をついてきたので、2015年分の契約をすることにしました。今回の契約では3コースあって、甲州種の100本と50本、それに樽熟成の60本のコースで、いずれも蔵出し可能期間は5年です。そこで、『50本コースにして2、3年の間をおいて申し込んでみよう。』と考えました。今までは同じワインが年月を経て熟成していく変化を楽しんだのですが、この方法だと年月の変化と共にビンテージの差異をも楽しめるのではないか!?と考えたのです。・・・まぁ、この選択が良いのかどうか、心配でもあり、楽しみでもあります。
今回の「TAKE-BOW」はどんな味わいでしょうか!?
先ずワインの色が透明な黄色が一段と濃くなったような気がしました。・・・樽熟成の効果かも!その味わいは辛口でしっかりしたものでした。甲州種のワインは和食に良く合うと思うし、食中酒としても最適だと考えます。

[メモ] 12%、
     まるき葡萄酒株式会社  http://www.marukiwine.co.jp
     山梨県甲州市勝沼町下岩崎2488
     Tel 0553-44-1005

|

« ウィスキー・TEACHER’S | トップページ | 百年梅酒プレミアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/62851619

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン・TAKE-BOW:

« ウィスキー・TEACHER’S | トップページ | 百年梅酒プレミアム »