« 日本酒・白扇 ひやおろし | トップページ | 芋焼酎・黒 白波 »

日本酒・扇の舞 山廃純米酒

前回は埼玉県寄居町の鉢形城址を訪ね、地元の藤碕總兵衛(ふじさきそうべえ)商店で地酒を買いました。ただ鉢形城址の話題が中心となり酒造の紹介は後回しになったので、今回は会社について書きたいと思います!
Fujisaki2この酒造名【藤﨑摠兵衛商店】はいかにも古めかしい名前です。しかも難しい漢字だらけ。【﨑】はまだしも【摠】(そう)はパソコンの環境依存文字となっていて変換に苦労しました。固有名詞だから簡単に当用漢字に変えることはできないのかな?・・・と思って調べてみると創業は1728年(今から約290年前!)、群馬県藤岡市で開業してます。そして理由は分かりませんが、1756年に埼玉県寄居町に移転したそうです。・・・とすると屋号は創業者の名前でしょうか?江戸時代に姓名を名乗れたのは豪農とか由緒ある家柄かもしれません・・・で時代は下って2012年に資本金100万円の会社組織にしたとのこと。
Fujisaki3Fujisaki4このことから私は、『寄居町の小さな酒造が伝統を守って細々と酒造りを行っているのだろう』と思って訪ねましたが、意外や意外とても大規模な酒造でした。通りに面した建物はそんなに大きくなかったものの、奥に入ると工場の敷地が長く広がり、更に道路を隔てて酒造独特の煙突の付いた工場までもありました。ホームページには工場見学可能とあったので、事前に予約しておけばよかったと後悔しました。
Fujisaki1さて通りに面した入口を入ると売店になっていて、棚に沢山の種類の日本酒が並んでます。この中から前回紹介した「白扇 ひやおろし」と今回紹介する「扇の舞 山廃純米酒」を購入しました。・・・で「扇の舞」に【山廃】の表示がありますが、【山廃】ってどういう意味でしたっけ・・・確か以前調べたと思ったんだけど、歳とともに記憶がおぼろになってしまいました。
日本酒は、一言でいうと米(酒造好適米)を発酵させてアルコールにしたものですが、その発酵過程で重要な役割を果たすのが【酒母】です・・・酒の母ですから・・・。この酒母には速醸系と生酛(きもと)系があり、更に生酛系は生酛と山廃酛に分類されます。生酛系酒母を使う酒造りは伝統的な技法で、発酵過程で混入する雑菌を自然界にある乳酸菌を取り込んで殺菌するのです。結果としてこの酒母で醸造された日本酒はしっかりとした味わいになると言われてます。この生酛をつくる際に、原材料である蒸米、麹、水を良くかき混ぜる工程があります。Hakuseno1これは【山卸】という作業で、蒸米のデンプンが糖化するのを妨げ結果として濃醇で切れの良い酒を造るのを目的に行うのです。この作業は冬の寒さに耐えながら徹夜でかき混ぜる重労働でしたが、明治末期に【山卸廃止酛、すなわち山廃酛】が開発され山卸作業は行われなくなりました。
説明が長くなりましたが、【山廃純米酒】は山廃酛の酒母を使った純米酒で、濃醇な味わいである・・・であろう・・・ことが想像できます。
では早速頂きましょう。
Hakuseno2酒造のお勧めは、「ぬる燗または常温で」となってますが、先ずは常温で試してみました。常温だとあまり香りを感じませんでした。口当たりは刺激が少なくのど越しも柔らかでした。次はぬる燗にしてみましたが、香りがほんのりしたものの、刺激はすくなくちょっと純米の甘みを感じました。全体として濃醇というよりやさしい、でもしっかりし味わいでした。

[メモ] 15度、原材料 米(国産)、米こうじ(国産米)
     精米歩合65%、山廃純米酒、2015年7月製造
     株式会社 藤﨑摠兵衛商店
     埼玉県大里郡寄居町大字寄居925-2

|

« 日本酒・白扇 ひやおろし | トップページ | 芋焼酎・黒 白波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/62596239

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒・扇の舞 山廃純米酒:

« 日本酒・白扇 ひやおろし | トップページ | 芋焼酎・黒 白波 »