« ウィスキー・ロイヤル・ロッホナガー(Royal Lochnagar) | トップページ | 米焼酎・府中ろまん »

アメリカのクラフト・ビール

Acraftb1Acraftb5近所にあるイオンリカーショップで・・・カタカナ名だけど要するに酒屋です・・・、外国製のクラフト・ビール特集をやっているのを偶然見つけて、アメリカのものを購入してみました。日本で言う500缶がオレゴン州にあるHUB(Hopworks Urban Brewery)社のもので、350缶2つがネブラスカ州にあるNebraska Brewing Co. 社のもので2種類を選んでみました。
なぜかHUB社のプルトップだけ黒いのですが・・・
どちらの州も私にはなじみのない所なので地図で調べてみると、オレゴン州は太平洋に面しカナダに近くて会社のあるポートランドは北海道・稚内と同緯度になります。
そしてネブラスカ州はアメリカ合衆国のほぼ中央に位置していて州都のリンカーンは青森と同緯度であることが分かりました。
Acraftb2私が最初に注目したのは、缶に描かれたイラストの斬新さというかコミック調のデザインです。例えばHUBの500缶【Rise Up Red】は・・・正確には473mlで、これは米国での量の単位1パイントからきています・・・、峻険な山(オレゴン州にはカスケード山脈がありその山の一つと思います)とそこに降下するパラシュート(画面左、山の横)が描かれています。山の背景には赤い日差し?のように描かれているので、これは商品名の【Rise Up Red】をイメージしているのかもしれません。
一方350缶の方には、【Cardinal】は鷲(わし?と思ったけどCardinalという頭の赤い鳥のようです)のイラストだし、もうひとつの【Brunette】は女性の髪をBrunette(黒っぽい茶色)にして、と商品名と関連付けたイラストは見ていて楽しくなります!特にグラマラスな女性のイラストは!!いいですねぇ・・・アメリカ人は好きなんですねぇ、こういう女性が!!もちろん私も好きですけど・・・
Acraftb4_2Acraftb3_2HUBは2007年創業となってます。創業者のクリスチャンは、大学1年生の夏休みに実家の台所でビールを試作してからビール造りに興味を持ち以来醸造に携わってきたとのこと。趣味が高じて起業した、といって良いでしょう!
一方Nebraska Brewing Co. 社は、創業者の一人ポールが1992年に家庭でビール醸造を始めたのがきっかけだったそうです。趣味の段階から妻の協力も得て試行錯誤の後、日本の佐世保にあったビール醸造機を一式購入し2007年11月に創業にこぎつけたとのこと。
このようにほぼ同じ時期にクラフト・ビール会社が創立されたのには、酒造法の改正とか何か時代的な背景があったように考えますが、調べても良くわかりませんでした。
さてこのクラフト・ビール、缶のデザインはともかく肝心の味わいはどんなでしょうか?!
両社ともに【Ale(エール)】ビールであると表示しています。
ここで【ラガー】ビールとの違いを復習しておきましょう!
日本の大手メーカーのビールはほとんどが【ラガー】ですが、これは10℃以下の低温で麦芽を発酵させる方法で、最終的に酵母がビールの下に沈むので「下面発酵」といわれています。
一方【エール】は同じ麦芽を使用しても常温で短時間発酵させるため炭酸ガスが出て酵母が上に浮かぶことから「上面発酵」といいます。そして【エール】の方が複雑な香りと味わいが出せるとのことです。
実際に3本を飲み比べてみました。どれも個性的でしたが独断と偏見で私見を述べますと、味の濃さからいうと、【Rise Up Red】が強くて、【Brunette】が飲みやすい。
【Cardinal】はその中間でした。香りは【Rise Up Red】がかんきつ系、【Cardinal】は花の香り、一方【Brunette】が複雑な香りがしたのは6つのモルトを使用しているからかもしれません。

[メモ] 【Rise Up Red】 6.1%、1pint(473ml)
Hopworks Urban Brewery / Portland,Oregon USA
     【Brunette】 4.7%、12ounce(360ml)
     【Cardinal】 6%、12ounce(360ml)
Nebraska Brewing Company / Lavista, Nebraska USA

|

« ウィスキー・ロイヤル・ロッホナガー(Royal Lochnagar) | トップページ | 米焼酎・府中ろまん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/62379212

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのクラフト・ビール:

« ウィスキー・ロイヤル・ロッホナガー(Royal Lochnagar) | トップページ | 米焼酎・府中ろまん »