« 養老酒造(山梨県) | トップページ | 芋焼酎・山ねこ »

養老酒造(続き)

山梨県の小さな酒造「養老酒造」のお酒を前回に引き続き紹介します。
Yourouj1前回のブログでは「純米酒・養老」を購入したことを書きましたが、その味わいについてレポートしてなかったので、今回は飲んでみた感想を述べたいと思います。
でもその前に、先日新聞に『日本酒 もっとおいしく』という記事が載っていて、図のような香りと味わいに分類した日本酒とそれぞれにあった味わい方と料理がが紹介されていました。
先ず【香りの高いタイプ】は味は端麗で香りが高いもので大吟醸とか吟醸酒など。あわせる料理は山菜やシーフードサラダなど前菜と共にワイングラスで気取って・・・という感じでしょうか。
Sakeoishiku_2次は【軽快でなめらかなタイプ】は端麗だけど香りが少ないもので普通酒や生酒も該当するとのこと。料理は冷やっことか白身魚の刺身など淡白な素材が合うとのこと。確かに濃い味の料理では端麗系の酒の味が負けてしまいますからね。【こくのあるタイプ】とは香りは低いものの酒の味がこいもので純米酒や生酛などがあるとのこと。おでんとかカキ料理など濃厚なうまみをもつものが合うそうです。私はお酒の温度はぬる燗が良いと思ってましたが、常温よりやや低い温度も合うとのことなので早速試してみたいと思いました。そして最後は古酒や長期熟成酒など【熟成タイプ】で、香りが高く味が濃いお酒で、すき焼きやローストチキンなど風味が強い料理が合うとのこと。やや低めの温度にしてブランデーグラスでお酒を温めながら香りがグラスのなかにこもって変化するのを楽しむのがお勧めのようです。
なるほど・・・お酒もただ飲んで酔っ払うだけではだめですね・・・それに私は日本酒といえば大体ぬる燗で飲んでますが、お酒のタイプに合わせて若干温度も変えたほうがよさそう・・・参考になるけど、いちいち温度を調整するのはねんどうくさいですねぇ・・・
余計なことをぶつくさ言いましたが、買い求めた「純米酒 養老」を試してみましょう!
Yourouj2先ずはぬる燗で・・・新聞記事によると40度くらいだから体温より少し高めですね・・・実はぬる燗といっても私の場合温度は適当です・・・はい。
ぬる燗の「純米酒 養老」の香りはちょっと酸味を感じるものでした。口に含むと米の甘味と香りと同様に酸味も感じましたね・・・ちょっと複雑な味わいでした。そしてのど越しにやや辛口の余韻が残りました。さて次は常温から少し冷やした図に示される涼冷え(15度程度・・・初めて知った呼び名です・・・)で試してみました。
冷酒にするとむっとする香りが無くなり純米らしい甘味を感じるスッキリした味わいとなりました。お酒の温度が上がるとお酒の要素(香りとかこく)が強調されるようです。

[メモ] 15度、原材料:米(国産米100%使用)、米麹、精米歩合:75%
    やや辛口、おいしい飲み方:冷やして、ぬる燗
    養老酒造株式会社
    山梨県山梨市北567

|

« 養老酒造(山梨県) | トップページ | 芋焼酎・山ねこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/60664420

この記事へのトラックバック一覧です: 養老酒造(続き):

« 養老酒造(山梨県) | トップページ | 芋焼酎・山ねこ »