« まるきワイナリー・マイワインシステム | トップページ | 養老酒造(山梨県) »

ワイン・レゾン(ベリーA&カベルネ)といろ(甲斐ノワール)

Maruraison今回取り上げるワインは、どちらも赤ワインで甲州市の【まるきワイナリー】のものです。今月(2014年10月)取り上げるお酒はすべてこのワイナリーのワインで、【まるきワイナリー】特集号になってしまいましたがご容赦願います。
さてワイナリーで購入した赤ワインはフラッグシップ・『レゾン』シリーズの「ベリーA&カベルネ」と『いろ』シリーズの「甲斐ノワール」です。なお、『レゾン』は1410本の限定、『甲斐ノワール』は1774本の限定となっています。
Label_raisonm『レゾン』は仏語のRaisonで存在価値と訳されますが、このシリーズは正に【まるきワイナリー】の存在そのものということでしょう。
それはホームページによると、自社で不耕起草栽培・減農薬農法・・・つまりなるべく農薬を使わず自然のままに・・・栽培したブドウを100%使用して、専用酵母で低温発酵させてフランスDAMY社のオーク樽で熟成させている、ことからも分かります。このレゾン赤では、自社栽培のベリーA種と赤ワインではよく使われるカベルネソービニオンを使っていて、フレッシュな果実香と豊かな味わいがあるとのこと。
Label_kain一方『いろ』シリーズですが、なんで『いろ』と言うんでしょうか?
ホームページでは、『いろ』シリーズの説明に、まず【色即是空】とあって、次に【ブドウ品種の個性を引き出し、飲み手が固定観念を捨て自分好みのワインを見つけて欲しい】、とあります。
色即是空??何だか難しい言葉まで出てきましたが、この語句の「色」は五感によって認識されるものという意味もあるようですから、私は飲む人の五感によって好みのワインを選んで欲しい、と解釈し『いろ』シリーズと命名したのであろうと考えます。そしてこの赤ワインは県内の農園から購入した「甲斐ノワール」を使用しています。この品種は初めて知りましたが、ブラッククイーン種とカベルネソービニオン種とを交配して出来た醸造専用品種だそうです。色、香り、酸味が程よくバランスした味わいが特徴とのこと。
Chart_raisonChart_kai前々回のブログでラベルがブドウの葉をモチーフにしたデザインに統一されたことを紹介しましたが、その他に裏のラベルにテイストティング・チャートが印刷されるようになりました。これは横軸にライトボディからフルボディ、縦軸にやさしいからしっかり、と味わいに関係するキーワードを取り入れ、ワインのテイストをポイントで示しています。(左図はレゾン、右図は甲斐ノワール、のチャートです。)これはグッド・アイディアだと思います。どれにしようかと迷った時に、自分の好みのテイストかどうか確認することが出来るからです。
さてそれぞれどんな味わいでしょうか!?
先ず『レゾン』を味わってみました。香りは、ちょっと表現する言葉が出てきませんが・・・ソムリエの田崎氏のように豊富な語彙がないもので・・・独特のやや甘い香りがしました。次に口に含むとやわらかな舌触り、のど越しはまろやかで、でも余韻が残るしっかりした味わいでした。
次は『甲斐ノワール』ですが、同じ赤でもブドウの品種が違うのでどんな味わいになるか、楽しみです。色はやや深いルビー色、香りに少し酸味を感じました。そして口に含むとしっかりとした味わい!チャートではミディアムボディよりややフルボディに近いとなってますが、私的にはフルでもいいな、と思えるワインでした。コストパフォーマンスに富む赤ワインだと思いました。

[メモ]  レゾン(ベリーA&カベルネ) 12.5%、自社農園収穫葡萄100%、
      いろ 甲斐ノワール      12.5%、山梨県産葡萄 100%
まるき葡萄酒株式会社
     山梨県甲州市勝沼町下岩崎2448
     Tel 0553-44-1005 http://www.marukiwine.co.jp/


|

« まるきワイナリー・マイワインシステム | トップページ | 養老酒造(山梨県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/60568633

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン・レゾン(ベリーA&カベルネ)といろ(甲斐ノワール):

« まるきワイナリー・マイワインシステム | トップページ | 養老酒造(山梨県) »