« 稲城の梨ワイン | トップページ | 正月のお酒① 「燦然・大吟醸」 »

芋焼酎・楔(くさび)

2012年も残すところ1日となりました。
この1年は皆さんにとってどういう年だったでしょうか?
日本では経済の停滞、政治の混迷が続き、東日本大震災からの復興が停滞気味なのが気がかりです。個人的には会社勤めを終え『毎日が日曜日』状態となり自由な時間が増えましたが、浮かれた気分にはなれない今日この頃です。・・・とはいえ、これからは時間が十分あるので、私が興味を持っている寺社建築や美術品を求めて、神社やお寺、城そして美術館等を訪問してみたいと考えてます。
Kusabi1さて今年の飲み納めとして「芋焼酎・楔」を選んでみました。
この焼酎は、「くじら」や「海」で高い評価を得ている大海酒造(鹿児島県鹿屋市)のものです。大海酒造といえば、さつま芋を栽培する農家と契約し高品質で新鮮な黄金千貫(さつま芋)を使用しており、また垂水(たるみず)温泉水「寿鶴(じゅかく)」で割水し、高い品質の芋焼酎を造ることで知られています。
さてこの「寿鶴」ですが、もともとは火山桜島の地熱利用を目的に浴用温泉のボーリング(掘削)を行っていて、湧き出る温泉水を無料で近所の人たちに提供していたそうです。ところが販売して欲しいとの要望がでて、そのため品質検査を行ったところ、有機ゲルマニウムなど健康維持に有効な成分が豊富に含まれていて飲料にも適していることが分かったとのこと。現在は20リットルが2400円で販売されており、インターネットでも購入することが出来ます。なお有機ゲルマニウムは、朝鮮人参やニンニクなどに含まれている成分だそうです。
Kusabi2大海酒造のラベルには、『選び抜いた「黄金千貫」といのちの水と呼ばれる「寿鶴水」のコラボレーションは理想的な結果をもたらしてくれた。』こと、そして『のんべえの心に楔を打つ、これは私たちの願ってもやまないこと』、と書いてありました。ウ~ム、まるでのんべえである私(私たち?)への蔵元からの挑戦状のようです!!
・・・ということで、早速飲んでみました!
お湯割りにするとほんのり甘い匂いが立ち込めました。口に含むと華やかな香りが広がり、芳醇というのでしょうかしっかりした味わいのうまみを感じました。一言でいえば、とても美味しい芋焼酎でした。
ラベルに原材料は米麹としか書いてありませんでしたが、しっかりした味わいから黒麹を使っているのかなと想像したのですが、なんと芋焼酎には一般的な白麹を使っているそうです。これには参りました、さすが大海酒造!
・・・かなり深々と「楔」を打ち込まれてしまいました。

では皆様、どうぞよいお年をお迎えください!!

[メモ] 25度、さつまいも、米麹
    大海酒造株式会社
    鹿児島県鹿屋市白崎町21-1
    Tel 0994-44-2190

|

« 稲城の梨ワイン | トップページ | 正月のお酒① 「燦然・大吟醸」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/56427974

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・楔(くさび):

« 稲城の梨ワイン | トップページ | 正月のお酒① 「燦然・大吟醸」 »