« ワイン・山梨ヌーボー | トップページ | サントリー白州蒸留所 »

甲州ワイン2

RoseblushTakebow2012甲州ワインの話が続いて恐縮ですが、今回は日本で赤ワインの主要な品種であるマスカット・ベリーAを使ったロゼワイン「ベリーAブラッシュ」、と甲州種を使ったマイワイン「Take-Bow」を取り上げたいと思います。
まずマスカット・ベリーA種ですが、この品種はアメリカ系のべりー種と欧州系であるマスカット・ハンブル種を交配した欧米雑種だそうで、これを川上善兵衛(かわかみ・ぜんべえ)氏が品種改良を重ねて、『色鮮やかな赤色で比較的渋みが少ない』と言われる現在の日本の風土に合ったブドウを造ったと言われています。
なお川上氏は、新潟県上越市にある「岩の原葡萄園」の創業者で「日本のワインぶどうの父」と言われています。この「岩の原ぶどう園」は1890年(明治23年)開園なので、現在では120年続くぶどう園です。川上善兵衛は大地主の息子で当時貧しかった農民のために新しい産業を興す必要を考え開業したとのことで、「岩の原ワイン」のブランドで雪の多い土地柄を生かして雪室をつくってそこで低温熟成したワインを造るなど、特長のあるワインで定評があります。
Roseblush2更に興味を引かれたのが、このロゼワインの製法です。ラベルには、『赤ワインの専用品種であるベリーAを白ワインと同じ製法でつくった』とあります。さてこれはどういうことでしょうか?!
私のつたない知識によると、ワイン造りは、まず収穫したブドウの芯を除き皮を破った(破砕)あと、赤ワインは果皮と果肉が混ざった状態で発酵させ、一方白ワインは圧搾機で果汁を取り出してから発酵させる、という違いがあります。・・・もちろんそれぞれに適したブドウの品種を使うことは言うまでもありません・・・なので今回頂いたロゼは、赤ワイン用のべりーAをいったん搾って果汁を取り出し発酵させたのだと思います。そして圧搾する時にベリーAの果皮の色がしみ出てほんのりとしたピンク色が付くのだそうです。なお「ベリーAブラッシュ」の【ブラッシュ】とは、英語のうすいピンク色を意味する単語だと考えます。
さてこの「ベリーAブラッシュ」ですが、色はほんとにうすいピンク色、ほんのり甘い香りがするものの、意外や意外味わいはちょっと辛口でした。ロゼというと甘口のワインという印象をもっていたので嬉しい驚きでした。このワインが2012年の日本ワイン品評会で銅賞に輝いたのは当然のことだと思います。
Mywine2012b次に取り上げるのが甲州種のマイワイン「Take-Bow」です。このブログで何回も紹介しているので、『またかっ!!』と思われるでしょうが、我慢して読んで下さい。
私は、甲州種の白ワインは本当に和食にあうと・・・ちょっと辛口でそんなに個性は強くないので和食の繊細な味の妨げにならないし、でもしっかり自己主張はしている・・・そんな印象をもっています。
ただ「Take-Bow」は2008年の樽熟成なので年を経るに従い色合いが濃く黄金色になり味わいもしっかりとしてきたように思います。こうした変化を楽しめるのが、マイワインの魅力ですね!
実は2011年にもマイワインを申し込んでいて、1年を経過してこれから蔵出しできるので両方を比べてみるのを楽しみにしてます。

|

« ワイン・山梨ヌーボー | トップページ | サントリー白州蒸留所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/56143253

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州ワイン2:

« ワイン・山梨ヌーボー | トップページ | サントリー白州蒸留所 »