« ウィスキー・シングルトン | トップページ | 日本酒・金陵・純米吟醸よいまい »

日本酒・東力士 純米吟醸無濾過原酒

Azumafuji今日飲んだのは「東力士 純米吟醸しぼりたて 無濾過原酒」です。この日本酒は、7月那須温泉に行った時地元の酒屋さんで購入したものです。栃木県那須烏山市の島崎酒造が出している銘柄「東力士」シリーズの一つです。
さて、『温泉に入ってのんびりしよう!』と考えて那須に決めたのですが、かみさんが『週刊誌の新聞広告に、那須の御用邸がホットスポットだと書いてあるわよ!』と言うのです。あわててその女性週刊誌を読んだところ、那須御用邸の近くではセシウムの数値が他と比べて高かった、という記事が出ておりました。しかしわずか三日程度の滞在ですし、内部被爆したとしても発症するといわれる約30年後には私自身この世にはいないので、当然のことですが出かけました。
・・・・で、この酒に巡りあえたのです(実は、もう一つ地酒を購入しております)。
Azumafuji2さてこの「東力士」は、ラベルに「おりがらみ」と表示されています。これは「にごり酒」の意味で純米吟醸無濾過原酒とあるので、無濾過だからと納得がいきます。しかし、「極一滴雫酒」とはどういうことか?また、「入魂 袋吊り」の意味は?・・・と、分からないことだらけです。
その意味は裏のラベルに書いてありました。
要約すると・・・モロミを酒袋という木綿製の袋に敷き詰め、つるして滴り落ちる雫を採った原酒・・・だと言うのです。普通日本酒の製造工程は、精米して蒸したあと蒸し米と麹をかけ、酒母、水を加えてモロミ(醪)をつくります。そしてこのモロミを小分けして板状にし木綿の袋に詰め、何枚も重ねて圧力を加えて搾り原酒を取り出します。この「東力士 極一滴雫酒」は、モロミを詰めた袋をつるして、自然に滴り落ちる酒を集めたものなのです。
こうした製法を、袋吊りまたは斗瓶採りといいます。斗瓶とはその名の通り1斗(10升)瓶に原酒を貯めたことから名づけられています。わずかしか採れないことから市場に出回ることは少ないそうなので、こうした酒を楽しめるのは幸運です。
さてその味やいかに?!
先ずぬる燗でのんでみました。純米の甘い香りが立ち込めました。吟醸香というんでしょうが、ちょっときついと言うかしつこい香りです。冷酒にしたほうがいいかもしれません。でものど越しは柔らかく優しい味わいでした。・・・で、次に冷やして味わってみました。こちらのほうが香りは強くなく、しかもテイストは柔らかく香りと味わいのバランスが取れているように感じました。

[メモ]  こうじ米:五百万石 100%、掛け米:とちぎ酒14 100%、
     精米歩合 60%、アルコール 17度以上18度未満、23年4月製造
     株式会社島崎酒造
     栃木県那須烏山市中央1-11-18

【余談】 吟醸香と老ね香(ひねか)
 よく出来た純米酒の香りはよいものです。熟成により香ばしい芳香が出ますが、これを吟醸香というそうです。これに対して、時間が立ち熟成が進みすぎたどちらかというとしつこいあくの強い香りを老ね香(ひねか)と言うんだそうです。
・・・う~ん、なるほど!・・・で、これって人間にも当たるな・・・と思った次第です。
というのは、歳をとるといわゆる加齢臭をふりまくだけでなく、性格的に頑固になったり何かと先輩面する人が散見されます。こうした人間ははた迷惑で、これって老醜がぷんぷん臭う「老ね香」ですよね!かくいう私も日ごろ老ね香を発していないか、時々自らを省みなくてはいけないな、と思っている今日この頃です。
  

|

« ウィスキー・シングルトン | トップページ | 日本酒・金陵・純米吟醸よいまい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/52557262

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒・東力士 純米吟醸無濾過原酒:

« ウィスキー・シングルトン | トップページ | 日本酒・金陵・純米吟醸よいまい »