« 芋焼酎・一尚 | トップページ | 桜とワイン »

バーボンウィスキー・クレメンタイン

早いもので東北関東大震災から三週間が過ぎました。
被災地では多くの方々が亡くなって、桜のつぼみが色づいたとは言え、物悲しい春を迎えることになりました。
更に「計画停電」が実施されてますが、今までの生活習慣を見直す契機にしたいと思います。宇宙から見ると日本列島は他の地域よりも明るく輝いていたそうです。考えてみると我々は多量の電気を使って快適な生活を楽しんでいましたが、それはいかに脆いものであったかということです。エネルギーは無尽蔵にあるわけでは無いので、電気だけでなく全ての面で大切にする考えが必要だと思います。
Clementineさて今日飲んだのはバーボンウィスキー「クレメンタイン8年」です。
『Oh my darling, oh my darling, oh my darling Clementine』の歌詞で知られ、「雪山賛歌」の原曲といわれています。しかしこの歌は、1849年ゴールドラッシュで沸いた川で溺れた少女を悼んで造られたとのこと。「雪山賛歌」の健康的なイメージから元歌も明るい歌と勝手に考えていた私には驚きでした。
さてバーボンウィスキーはケンタッキー州のみで製造が認められており、トウモロコシ、ライ麦、麦芽を原料に「サワーマッシュ法」という独特の製法で造られます。この方法は、一度発酵させた原料(モロミ)を再度加えて発酵させるものです。発酵は5日程度かけて行い、こうすることでバクテリアなどによる酸の発生を抑えまろやかな味わいを出ることが出来るそうです。
Clementine2なおバーボンウィスキーは、製造にあたって法律で細かく規定されており、原酒は160プルーフ(80度)未満、熟成貯蔵は125プルーフ(62.5度)以下、製品は80プルーフ(40度)以上、となってます。
早速試飲してみましょう!
先ずはロックで!  おっと・・・・色が赤みを帯びてます。ウィスキーは黄金色、という私なりの常識からはちょっと外れてます。・・・かなり独特の味わいかな?!と思ったら、とてもまろやかで美味しい!!これぞ「サワーマッシュ法」効果でしょう!!

[メモ]  101プルーフ(50.5度)、8年
     KENTUCKY straight bourbon whiskey
注:ここで「straight」は単一蒸留所を意味してます。
       単一蒸留所であれば熟成年数の異なる原酒をブレンドすることが認められていて、スコッチ・ウィスキーのシングルモルトとは意味合いが違います。

【余談】 計画停電対応「LEDランタン」
  前述のように「計画停電」が実施されており、ろうそくや懐中電灯の代わりとなる消費電流のすくないLEDを使ったランタンを製作したので、紹介します。
容器はペットボトルを利用しLEDを6~9個使用し、原価は300円程。消費電流は100mA、単3アルカリ電池が2000mAHだそうなので、約20時間もつ計算です。スーパーの白いレジ袋をかぶせると、光が散乱して良い雰囲気となりました。
Led1  Led2  Led3_2  Led4_2

|

« 芋焼酎・一尚 | トップページ | 桜とワイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/51281605

この記事へのトラックバック一覧です: バーボンウィスキー・クレメンタイン:

« 芋焼酎・一尚 | トップページ | 桜とワイン »