« 2011年飲み始め | トップページ | 壱岐焼酎・村主(すぐり) »

ワイン・ハラモ・ヴィンテージ

Haramo1正月の我が家は和食が中心となるので、アルコール類は日本酒が主体となります。
ただ日本酒だけでは飽きるので、今回は和食に会うワインを探して飲んでみました。・・・それは、甲州種のぶどうを使った甲州ワイン「ハラモ・ヴィンテージ」です。
よく『ワインはフランス料理で、赤ワインは肉、白ワインは魚料理に』と言われてますが、ここでいう「ワイン」とはフランス・ワインを指している、と私は理解しています。日本酒をその土地の郷土料理とあわせて飲むと美味しいように、和食には日本のワインが合うと思っています。中でも甲州種を使った白ワインはよく合うように思います。
そこで選んだのが原茂ワインの「ハラモ・ヴィンテージ2009」ですが、このワインはわが国の「シャンパン・ワイン・チャレンジ2010」で金賞をとったものだそうで、どんな味わいか楽しみです。
ところで、ラベルには「シュール・リー」製法で造った、と書いてあります。どんな製法か?分からなかったので調べてみました。
Haramo2「シュール・リー(Sur Lie)」とはフランス語で、「澱の上」という意味だそうです。
一般に白ワインは、収穫した後ぶどうを破砕しプレスをかけて果汁を搾り出し、ぶどうの果皮や種を分離してアルコール発酵させます。しかし果皮等を分離しても果汁の中に細かなものが残り、発酵後澱(オリ)が沈降して溜まるので、上澄みだけを取り出します。・・・これを”オリ引き”と言います。
シュール・リー製法は、発酵後最長半年間・・・ぶどうを収穫し発酵させるのが秋なので、翌年の春まで・・・オリ引きを行なわず樽の中で熟成する方法です。こうすることによって酸味がしっかりとして、しかも軽快な味わいになる、と言われてます。
さて、どんな味わいでしょうか?!
色はやや薄い黄色、2009年ものだからかな?と思いながら香りをかぐと、ほんのり香るくらいで強くありません。そして飲んでみると少し酸味が強い、しっかりとした辛口の味わいで、これなら料理の風味を損なうこともなく和食にもよく合いました。

[メモ] Hramo Vintage 2009 甲州シュール・リー 甲州種・勝沼産
    原茂ワイン株式会社

|

« 2011年飲み始め | トップページ | 壱岐焼酎・村主(すぐり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011年飲み始め | トップページ | 壱岐焼酎・村主(すぐり) »