« ハイボール大作戦 | トップページ | 2011年飲み始め »

2010年飲み納め

今日はもう大晦日!!  一年がたつのは早いものです。
私が小学生の頃は、早くお正月がこないかなぁ・・・と待ち遠しく思ったし、中学・高校生になると早く大人になりたい!お酒を飲みたい!と思ったものでした。当時は1年過ぎるのが遅く感じたように記憶してます。
それが最近早く感じるのは、どうやら歳を重ねると気がせくのでしょうか、時が過ぎるのが早くなるようです。
さて、恒例の紅白歌合戦が始まりました。
『マンネリだ!』などといろいろ言われてますが、私のようなものにはこの1年の歌の傾向を知る貴重な機会となってます。特に日ごろなじみのない若者に支持されている歌手・・・初出場のAAAや西野カナさんなど・・・の歌を聴くことが出来るからです。若者の歌によるメッセージに耳を傾けるのもよいものです。
今年の紅白のテーマは、『歌で つなごう!』とのことですが、流行語にもなった『無縁社会』ではない、人と人がつながる社会に、来年こそはしたいものです。
Wsato大晦日の夜、紅白を視聴しながら飲み納めとして選んだ酒は・・・やはり芋焼酎でしょう!!・・・ということで「佐藤」を選びました。
調べてみたら「佐藤 黒」を2008年6月に飲んでました。今回は大晦日ということもあり、同じ「佐藤 黒」と「佐藤 白」を飲み比べてみることにしました。ご存知の方も多いかと思いますが、「黒」とは黒麹を使って仕込んだもので、「白」は白麹を使ったものです。
もちろん、一晩で2本!ボトルを開けるわけには行かないので、年が明けても飲むことにはなりますが・・・
佐藤酒造は、明治39年(1906年)霧島市の隣町・姶良郡加治木町で創業し、戦後の昭和27年に霧島市牧園町に移転し「佐藤酒造有限会社」を設立し、現在に至っています。
決して大きな蔵ではなく、銘柄も「佐藤」黒、白麹の芋焼酎と麦焼酎、「さつま」の黒と白麹仕込みの芋焼酎、などです。
でも黒麹を使った芋焼酎はしっかりした味わいで支持され根強い人気があります。
今回は幸運にも「佐藤」の黒と白が手に入ったので2010年の〆に飲んでみました。
まず先に「白」を飲んでみました。芋の甘い香りとやわらかい飲み心地が快くて、ついつい杯を重ねてしまいました。・・・歌合戦を見ながら一休み・・・次は「黒」を試してみました。黒麹仕込だからガツン系かな!?・・・と思ったら以外にまろやかな味わいでした。でも「白」とは違って力強さというかしっかりした味わいがしました。
同じさつま芋を原料としても麹によって味わいが違う!!焼酎の奥深さを感じつつ、意識は次第に桃源郷をさまようようになりました・・・。

[メモ] 佐藤 白麹仕込み、黒麹仕込み
    佐藤酒造有限会社
    鹿児島県霧島市牧園町宿窪田2063
    Tel 0995-76-0018 http://www.satohshuzo.co.jp/

|

« ハイボール大作戦 | トップページ | 2011年飲み始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイボール大作戦 | トップページ | 2011年飲み始め »