« ワイン・蔵王スター | トップページ | ワイン・TAKE-BOW »

焼酎・メローコヅル 磨(みがき)

Mkozuru1今日飲んだのは「メローコヅル 磨(みがき)」です。
表題で単に「焼酎」としたのは、この「メローコヅル 磨」は麦焼酎と米焼酎の原酒をブレンドしたものなので、どちらに分類するのも適当でないと考えて敢えて「焼酎」としました。
この焼酎の更に大きな特徴として、麦と米の原酒をブレンドする前にそれぞれの原酒を樽で熟成させていることです。そのせいでしょうか、普通焼酎は無色透明に近い色合いですがこの「メローコヅル磨」は、ウィスキーのような黄金色とはちょっと違うけど淡い黄色をしてます。香りも麦や米とは明らかに違います。樽熟成の効果でしょう!!
Mkozuru2さて「メローコヅル」とはちょっと変わったネーミングです!!何故こういう名称を付けたのか??先ずラベルには、カタカナで「メローコヅル」と書いてあるのは当然ですが、それ以上に英文で大きく「Mellowed KOZURU」とあります!?『mellowed』とは英語で熟成するという意味だし、『コヅル』は、小正醸造の主力焼酎「小鶴」のことでしょう!・・・多分・・・??
さてこの「メローコヅル」を出している小正醸造のホームページを拝見すると、メローコヅル・シリーズが紹介されてます。
「メローコヅル35」は、米焼酎の原酒を樫樽で貯蔵して熟成。アルコール度はその名のとおり35%!そして「メローコヅル・エクセレンス」は、米を原料にした原酒を樫樽で貯蔵、長期熟成したもの。アルコール度は41%にもなります。もうこうなると焼酎の域を超えていると言ってもよいでしょう。その証拠に、2009年モンドセレクションのスピリッツ&リキュール部門において最高金賞を獲得したとのこと。世界に認められた焼酎です。
さて、こうした輝かしいメローコヅル・シリーズの、いわばボトムを支える「磨(みがき)」はどんな味わいでしょうか?早速試飲をしてみました。
先ず「生」のままで味わってみました。口に含むと刺激が少なく匂いもそんなにありません。のど越しもとてもまろやかでしたが、ちょっと物足りない感じでした。次にお湯割りで試してみました。こんどは香りが少し前面に出てきました。米のもつ芳醇な味わいを感じましたが、全体として麦のもつ淡麗さに長期熟成によるまろやかさが加わった、との印象を持ちました。

[メモ]  25%、麦・麦麹、米・米麹、長期貯蔵焼酎
      100%樽貯蔵
      小正醸造株式会社
      鹿児島県日置市日吉町日置3314
      Tel 099-292-3535 http://www.komasa.co.jp/

|

« ワイン・蔵王スター | トップページ | ワイン・TAKE-BOW »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワイン・蔵王スター | トップページ | ワイン・TAKE-BOW »