« ワイン・ヴァスコ・ダ・ガマ | トップページ | ワイン・ボージョレ・ヌーボー »

黒糖焼酎・奄美

Amami1久しぶりに黒糖焼酎を飲んでみました。
黒糖焼酎は奄美諸島だけで造られている焼酎ですが、次のような経緯で世に出ました。
江戸時代から奄美諸島では黒砂糖を原料とする黒糖酒が造られてきました。そして第二次世界大戦後、アメリカの占領が続いた時期には黒砂糖が余り、そうはいっても日本本土へ移出もできず、このため黒糖酒造りが盛んになったと言われてます。1953年奄美諸島が日本に返還される際に、振興策の一環として米麹を使うことを条件に奄美諸島に限って黒糖を原料とする焼酎の製造が認められ、「黒糖焼酎」が誕生しました。
ということで「黒糖焼酎」は、奄美諸島の特産品となってます。
Amami2さて今回取り上げた黒糖焼酎「奄美」は、他の焼酎とは違ってます。一般に焼酎は、蔵で独自の工夫を凝らしながら製造されています。スコッチ・ウィスキーでいえば、シングル・モルト・ウィスキーです。ところがこの黒糖焼酎「奄美」は、5つの蔵元で造られた黒糖焼酎の原酒をブレンドしているのです。つまりブレンド・ウィスキーです。今はシングル・モルト・ウィスキーが人気ですが、ブレンド・ウィスキーも味わい深いものがあるように、この「奄美」にもブレンドによって引き出された味わいがある筈です。
さて味わいは?
お湯割りで試してみました。黒糖の甘い香りがするのかな?と思ってましたが、意外に匂いがありませんでした。口に含むと少し甘い感じと辛口とがミックスした味わいで、それでいてのど越しは刺激が少ない柔らかい口当たりで、まろやかなコクも感じました。

余談Ⅰ 5つの蔵元は次のとおりです。
     徳之島町:亀澤酒造場、高岡醸造、天川酒造、
     天城町 :中村酒造、 伊仙町:松永酒造場
余談Ⅱ 揚げこがし密まん「黒忍者」
Kuronija1Kuronija2  これは立川市に住む知人からいただいた饅頭ですが、「黒忍者」というネーミングが気に入りました。立川が青梅街道に面している史実に着目し、街道だから黒装束をまとった忍者も往来してたであろうと想像して付けたそうです。なんだか焼酎の名前を付ける発想と似ているではありませんか!!食べてみると黒糖らしい味わいを感じてなかなか美味でした。・・・で、久しぶりに黒糖焼酎を飲んでみたい、と思ったわけです。
なおこの饅頭は、良質の小豆流し飴を黒糖風味の生地に包み、蒸し上げた後、更に油でカラッと揚げているそうで、なかなか凝った造り方をしてます。東京・立川市にある青梅街道茶屋「花奴」の「黒忍者」!!是非食してみてください。

[メモ] 25度、黒糖、米麹(黒)
     奄美酒類株式会社
     鹿児島県大島郡徳之島町亀津1194  
Tel 0997-82-0254 http://www.amanisyurui.jp/

     

|

« ワイン・ヴァスコ・ダ・ガマ | トップページ | ワイン・ボージョレ・ヌーボー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワイン・ヴァスコ・ダ・ガマ | トップページ | ワイン・ボージョレ・ヌーボー »