« 芋焼酎・不二才(之にて三年) | トップページ | 黒糖焼酎・奄美 »

ワイン・ヴァスコ・ダ・ガマ

Gama1今日飲んだのは「ヴァスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama)」です。
ヴァスコ・ダ・ガマはポルトガルに生まれ、探検家であり航海者としてヨーロッパからアフリカ南岸を経てインドへ航海した記録が残っている歴史上の人物です。このインド航路の開拓によって、その後ポルトガルが海洋帝国として世界に君臨し発展していったのです。
さて、その人物の名前を冠したポルトガルの赤ワイン「ヴァスコ・ダ・ガマ」!さぞや高価なワインだろうと思って恐る恐る買い求めたところ、意外や意外お値段が千円以下という格安ワインでした。
でも気になるのは品質です。『安かろう、悪かろう』ではないだろうか?気になります。それにポルトガルのワインはなじみがなくてちょっと不安でもあります。
・・・・で、早速インターネットで調べてみました・・・が、何と!そのホームページはポルトガル語でした。『ウ~ン、これは困った。・・・どうしよう?・・・ そうだ! 翻訳機能を使ってみよう!』ということで、自動翻訳でポルトガル語を日本語に訳してみました。・・・しかし、直訳で単語の羅列!文章の意味が理解できません・・・結局、英語に翻訳するのが良かったです。まぁ、ポルトガル語と英語は文章の構造が似ているのかもしれませんが・・・
それでは私のつたない英語力で紹介しましょう!!
Gama3Gama5会社はCaves Arcos do Rei という名前で創業が何年か分かりませんが、3世代にわたるそうなので100年位続いているようです。ぶどう畑はDão地域にあって、ここは文化的にも豊かな地域で鉄器時代のモニュメントもあるそうです。『もっとより良く』が会社のモットーだそうで、ドイツやイギリスのワインの基準を満たしているとのことで、品質には自信を持っています。一例として、「日本ワイン・チャレンジ2006」で白銅賞を「Vasco da Gama Sparkling Rezerva REQ」で受賞しています。
こうした内容(?)でしたが、おぼろげながら品質の良いワインであることが分かってきました。
なおラベルには、「Dcnominação de Origem Controlada」と書いてあります。これは多分、フランスワインのAOC、イタリアワインのDOC、DOCG、等のワインの等級を表すものだと思います。品質管理に力を入れているのがうかがわれます。
さて、その味わいやいかに?
ラベルには2004年の表示がある赤ワインです。少し酸味を感じる強い香りがして、口に含むと強い渋味を感じました。全体としてしっかりとした味わいで、いわゆる「フルボディ」に近いと思いました。千円以下でこうしたフランスの高価なワインに近いテイストを味わえるなんて!なんだか得した気分になりました。

[メモ] Vasco da Gama RESERVA 2004
    DÃO Dcnominação de Origem Controlada


|

« 芋焼酎・不二才(之にて三年) | トップページ | 黒糖焼酎・奄美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芋焼酎・不二才(之にて三年) | トップページ | 黒糖焼酎・奄美 »