« 日本酒・摂田屋 特別純米 | トップページ | ワイン・ブルゴーニュとコノスル »

壱岐焼酎・猿川(サルコー)

Saruko_37月1日は何の日?
答えは・・・『壱岐焼酎の日』でした!!
壱岐で造られる麦焼酎は、WTO(世界貿易機関)による地理的表示の産地指定を受けているので、「壱岐焼酎」と名乗ることが出来ます。こうした事例としては、焼酎に限ると薩摩焼酎、球磨焼酎などがあります。・・・で平成7年7月1日にWTOから産地指定を受け、その10年後に指定十周年を記念して壱岐酒造協同組合が7月1日を『壱岐焼酎の日』と定めたのです。
さて壱岐は地図で見ると福岡県、佐賀県に近いのですが、長崎県に属しています。
Haranotuji朝鮮半島から対馬、壱岐、そして九州と飛び石になっていて、大陸の文化が島伝いに九州に伝わってきたことを想わせます。事実、壱岐の島の東南部にある「原(はる)の辻遺跡」からは大陸や朝鮮半島との交流を示す遺物が出土し、なかでも米と一緒に麦も出てきており、弥生時代の遺跡としては珍しいことだそうです。
麦焼酎が造られる素地が昔からあったのですね!
壱岐で焼酎造りが始まったのは16世紀ころで、古くから伝わる「どぶろく造り」が大陸から伝わった蒸留法により壱岐独特の麦焼酎が生まれたと言われています。
一般に麦焼酎は麦と麦麹とが用いられていますが、壱岐焼酎は麦と米麹を使って、大麦2、米麹1の割合で造ることが特徴です。更に豊富な地下水を仕込水に使用しており、壱岐の島全体で15か所以上に蛍が生息する地域があることから分かるように、壱岐は水が清らかな所でもあります。
壱岐には7軒の焼酎蔵元があり、今日飲むのは猿川・伊豆酒造の「猿川(サルコー)」です。この酒造の壱岐焼酎を依然飲んだことがあります。それは「さるこう」という名前で2004年の大晦日に飲みましたが、『一体さるこうとサルコーはどう違うのか?』・・・疑問がわきます。
実は「さるこう」はプライベート・ブランドで「にっぽん酒屋倶楽部」が伊豆酒造に造らせて販売したものなのです。ですから味わいは同じだと思うのですが、4年以上たっているし忘れてしまったので、新たな気持ちで試飲してみました。
では・・・香りはそんなに強くなくてほんのり感じる程度です。口に含んでもまろやかで刺激は少ないです。ガツン系ではありませんが、のど越しに辛口の余韻が残るとともにちょっぴり麦こがしのような味わいを感じました。

[メモ] 25%、大麦2./3、米こうじ1/3、WTO地理的表示認定製品
    株式会社猿川・伊豆酒造
    長崎県壱岐市芦部町深江本村触1402番地の1
    Tel 0920-45-0200

|

« 日本酒・摂田屋 特別純米 | トップページ | ワイン・ブルゴーニュとコノスル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本酒・摂田屋 特別純米 | トップページ | ワイン・ブルゴーニュとコノスル »