« 芋焼酎・一燈照隅 | トップページ | ウィスキー・ダルウィニー »

芋焼酎・名も無き焼酎

Nanashi今回飲んだのは芋焼酎ですが、名前(銘柄)のない焼酎??です。
・・・まぁ、名前が無いというか、あえて名前を付けない、と言った方が正確だと思います。この焼酎は大山甚七商店のものですが、ラベルには『問わず 語らず 名も無き焼酎」と書いてあります。私は常々『焼酎の楽しみの一つにネーミングがある』と考えてますが、このように敢えて名前を付けない!というのには驚きました。
では、その意図は?  
大山甚七商店の口上が裏のラベルにありましたので、紹介しましょう!
先ずこの「名も無き焼酎」は、磨き抜かれた技と情熱を持つ蔵人達が、いかにも芋焼酎らしい質の高い焼酎を造りたい、との思いから生まれたこと。そして飲んで分かって欲しいから「製造法はすべて蔵の秘密とする」と明記してあります。・・・・要するに蔵人が精魂こめて造った芋焼酎だから、先ずは飲んでみてその中身を判断して欲しい・・・と。
なるほど!  確かに飲んでみて美味しければいいんですよね!黒麹か白麹、常圧蒸留法だとか減圧蒸留法とかの違いなど製造法は関係無いんです!!『まぁ、いいから!黙って飲んでごらん!美味しいよ!!』・・・薩摩弁だとどう言うんでしょうか?趣があって良いと思うんですが、残念ながら分かりません・・・と問いかけているのです。
さてこのユニークな焼酎を造っている酒造は、最初に述べたように大山甚七商店です。
鹿児島県の指宿市にありますが、ここは薩摩半島の南端、錦江湾(鹿児島湾)と開聞岳に挟まれた市で、酒造はJRの宮の浜駅の近くにあります。宮の浜では地中深く良質の天然水があり、これを仕込み水に使っています。
この酒造では、白麹造りの「薩摩の誉」、明治初期の創業者の名前を付けた「甚七」などをつくっており、地元の指宿市ではレギラー焼酎として定着しているそうです。
さてこの『問わず語らず名も無き焼酎」はどんな味わいでしょうか?
製造法はすべて蔵の秘密、だそうですから、飲んだ感触だけが頼りなので、自分自身が試されているようで、ちょっと・・・です。先ずは生のままで飲んでみました。香りはきつくなく、口当たりは意外とまろやかで、ほんのり芋の甘みを感じました。次はお湯割りで試してみましたが、少し香りが強くなったけど基本的に同じでとても飲みやすい芋焼酎でした。

[メモ] 25度、さつまいも、米こうじ
    有限会社大山甚七商店 宮が浜蒸留所
    鹿児島県指宿市西方4657番地

【おまけ】
『まぁ、いいから!黙って飲んでごらん!美味しいよ!!』を薩摩弁で言うと?
本文で薩摩弁でどう言うのか分からないと書いたら、職場の同僚が鹿児島出身者に聞いて教えてくれました。
①親しい仲間同士では、『よかで!!飲まんか!うんまかど!!』
②目上の人には、『のんでみったもんせ!うんまかで!!』
③目下の者には、『けっさじろか!うんまかでのまんか!!』
④最後に、『黙って飲まんでみ!うんまかで!!』
だそうです。私は、特に『うんまかで!!』のフレーズが気に入りました。
お湯割りの焼酎を飲みながら『うんまかで!!』とつぶやいてみると、何となくほんわかとした気分になりました。皆さんもお試しあれ!!!
     (6月18日記)    

|

« 芋焼酎・一燈照隅 | トップページ | ウィスキー・ダルウィニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/45341367

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・名も無き焼酎:

« 芋焼酎・一燈照隅 | トップページ | ウィスキー・ダルウィニー »