« 芋焼酎・相良仲右衛門 | トップページ | 芋焼酎・摩無志(まむし) »

ウィスキー・オーヘントッシャン

Auchen2今日トライしたのはシングルモルト・スコッチウィスキーの「オーヘントッシャン」です。
何だか日本語の『おとっちゃん』と語感が似ていて面白いと思いましたが、英語ではAuchentoshanで、これはイングランドの古い言語ゲール語で『the corner of the field(野原の片隅)』という意味だそうです。蒸留所がスコットランドのローランド地域の端にあって、キルパトリックの丘とイギリス第二の大都市グラスゴーの間にあることから付けられたようです。この地域では過去にはハイランドなど他のスコットランド地方と同じように数多くの蒸留所があったそうですが、いまや実際に稼動しているのは、前回飲んだ「グレンキンチー」と今回の「オーヘントッシャン」、それに「ブラッドノック」の3ヶ所しかないそうです。
AuchentoshansignAuchen3さて「オーヘントッシャン」の歴史は?早速ホームページをのぞいてみました。
1823年に穀物商人のJhon Bullochが設立したそうですが、経営に行き詰まり売却するなど最初はうまくいかなかったようです。一方1900年代になると近隣のグラスゴーが大都市に発展、しかし第二次世界大戦ではドイツの攻撃を受け蒸留所が破壊(1941年、1948年再開)されるなど、苦難の歴史を刻んでいます。
転機は1969年に訪れました。ホテルやバー、レストランを経営する企業が買収しシングルモルト・ウィスキーを造ったのです。そして1984年にモリソン社が買い取り、モリソン社はボウモア、グレンギリーとオーヘントッシャンを所有することになったのです。1994年には、わが日本のサントリー社がこれら3蒸留所を傘下に収めました。
こうしてみると『おとっちゃん』という語感もさることながら、サントリーの所有ということで一段と親しみがわいてきました。
さてこの「オーヘントッシャン」の特徴はなんと言っても3回蒸留による製造法でしょう!この古くからある製法を頑なに守っているのは稼動中の蒸留所ではここだけだそうです。
ではその3回蒸留法とはどういう製法か?
Auchen4一般にモルトウィスキーは、ウォッシュ(麦芽を酵母で発酵させたもの、もろみのこと)を蒸留し(1回目)・・・これをlow wineといいアルコールは約21~24%だそうです・・・更にもう一回蒸留し70%位のスピリッツにしています。ところが「オーヘントッシャン」では更にもう1回(合計3回)蒸留を行い80%以上のアルコール分を確保しているとのこと。このため最終蒸留の過程では、アルコール分を含んだ蒸気を冷却してできるスピリッツの最初と最後の部分をカットしてアルコール強度と品質を確保しているそうです。この点は、焼酎でも蒸留直後の最初の部分(初留・・・はなたれ)と最後を除くので似てますね。
Auchen5なお「オーヘントッシャン」のボトルのキャップには蒸留器のイラストが3つ並んだロゴが使われています。このマークは正に伝統の技を守っているとの心意気を示しているように思えます。
さて、3回蒸留法の「オーヘントッシャン」はどんな味わいでしょうか?
先ずはそのままティスティング・グラスに注いでみました。かなり強烈な個性を感じる香りかと思ったら意外にきつくなく穏やかな感じがしました。口に含んで舌でころがすとアロマが広がりましたが、まろやかでかつスムースな味わいでした。同じサントリー傘下のボウモアがピートの強烈な個性を感じさせるのとは対照的に、マイルドで繊細な個性を持ったシングルモルトでした。

[メモ] 40%、
    The triple distilled AUCHENTOSHAN Single malt Scotch Whisky

|

« 芋焼酎・相良仲右衛門 | トップページ | 芋焼酎・摩無志(まむし) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/44650367

この記事へのトラックバック一覧です: ウィスキー・オーヘントッシャン:

« 芋焼酎・相良仲右衛門 | トップページ | 芋焼酎・摩無志(まむし) »