« 芋焼酎・白石原酒 | トップページ | 麦焼酎・御神火 凪海 »

ワイン・高畠ワイン シャルドネ2001

Takahatac山形県の高畠ワイン!
実は会社の同僚からの頂き物で、私にとって初めて飲むワインです。
高畠ワイナリーは山形県の東置賜郡高畠町にありますが、この町は南に米沢市、北に南陽市がある米沢盆地のほぼ中央にあります。町では『まほろばの里 高畠』として町づくりを行っています。「まほろば」とは、『周囲を山々で囲まれた、実り豊かな土地で住み良い所』という意味だそうで、確かに高畠町にはぴったりです。
高畠町には縄文時代から人が住んでいたとのことで日向洞窟や古墳群があり、町では『一万年の歴史、温かい心、みどり豊かな豊穣の里』として売込み中です。
このように高畠ワイナリーのある地域は盆地で日本で有数のワイナリーがある勝沼と同じような気候条件でワイン作りに適しているのかもしれません。
さて高畠ワイナリーでは、各種赤、白ワインを造ってますが、白ワインでも甲州種、ピノ・ブラン、シャルドネの各シリーズの他、まほろばの貴婦人シリーズもリリースしています。
Takahatac3戴いたのは「2001年、シャルドネ樽醗酵」という白ワインで、2001年に高畠町でとれた完熟シャルドネを圧搾した果汁をフレンチオーク樽で約1ヶ月醗酵させその後長期熟成させたもので、樽の香りとワインの特性が程よく調和している、とはワイナリーの言です。なおラベルの左上に赤いラベルがちょっと見えますが、これは「山形県産認証ワイン」のシールです。
初めてのワイン!どんな味わいか?早速ためしてみました。
琥珀色の液体がワイングラスを満たしていきます。少し酸味を感じる香りがしました。さてその味わいですが、辛口のあっさりした味わいでした。琥珀色だったので濃いテイストかなと思っていたので肩透かしを食った感じでしたが、辛口なのでどの料理にも合うと思いました。今回は旬の秋刀魚を焼いて一緒に食べましたが、食中酒として秋刀魚の味を損なわずぴったりでした。ワインに関する言葉に『肉には赤ワイン、魚には白ワイン』といわれてますが、このシャルドネ樽熟成白ワインは肉にも合うと思いますね・・・例えば、米沢牛なんかいいかもしれません。
では、次回は最高級の米沢牛と共に・・・

[メモ] 12.5度、山形県高畠町産シャルドネ100%、辛口
     高畠ワイン株式会社
     山形県東置賜郡高畠町野目2700-1

|

« 芋焼酎・白石原酒 | トップページ | 麦焼酎・御神火 凪海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/42766036

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン・高畠ワイン シャルドネ2001:

« 芋焼酎・白石原酒 | トップページ | 麦焼酎・御神火 凪海 »