« ウィスキー・ザ・グレンリベット12年 | トップページ | 球磨焼酎・一九道 »

泡盛・久米島の久米仙

Kumesen今日は琉球泡盛「久米島の久米仙」を飲んでみました。
ところで泡盛は沖縄の地酒といわれてますが、では「泡盛って何?」と聞かれると直ぐには答えられません・・・実は約1年前に泡盛の「於茂登」を飲んでいるのですが(2007年6月21日のブログ参照のこと)、もう忘れてます・・・いやはや、年はとりたくないですが、こればっかりは・・・衰退する脳との格闘の毎日、と言うことで泡盛についてもう一度調べてみました。
その手がかりは?一番手っ取り早いのはラベルを見るというか読むことでしょう!
先ず、原材料は純米製、米こうじ、となってます。次に目に付くのが「古酒」という文字。
純米という事はお米、すなわち日本米かと思ったらタイ米を使っているのですね!びっくりしました(というかすっかり忘れているんですね)。しかし沖縄の歴史的、地理的要件を考えるとある程度納得がいきます。つまり沖縄が琉球王国の時代(今から500年位前?)にシャム王国(現在のタイ)と交流があり、シャムから南蛮酒という酒を輸入したのが始まりで、その後琉球でタイ米を使った蒸留酒が造られ始めた、と言われています。なお現在、泡盛にはタイのインディカ米を使うことが規定で定められています。
次に米こうじですが、泡盛と名乗るには黒麹菌を使うことがこれまた規定されています。黒麹菌と言えば、先日飲んだ「佐藤 黒」でも使われていて「しっかりとした味わい」に特長があります。更に特徴的なのは、普通芋焼酎などは一次、二次と仕込んでいきますが、泡盛はいきなり原材料のタイ米を全て麹にして仕込みます。
最後のキーワードが「古酒」です。クースとも言うようですが、「仕次」と言って古い酒に新しい酒を注ぎ足してアルコールを補充するとともに古い酒を活性化させる、こうした過程を何年も繰り返し質を落とさずに長期貯蔵した結果、「古酒、クース」と言われる泡盛が出来上がります。
さてこの久米仙は35度、焼酎の25度と比べるとかなり高いです。
久米仙のお勧めはストレートかロックとなってますから、先ずはストレートで試してみました。
香りは米焼酎と同じで口に含んでもあまり味を感じなくて「無味無臭」ですが、久米仙が口の中で温まると刺激が広がりました。アルコール度が高いので、かなりガツンときました。喉越しも辛口の余韻とともに少し米の甘さが残る味わいでした。
ストレートは私にはきついので、ロックにしてみました。氷が解けて冷えた分だけ飲みやすくなったように感じました。ガツン度は下がるものの飲みやすくなって、ちょっぴり泡盛の甘さも感じてついつい量が増えてしまいました。

[メモ]  35度、米こうじ、3年古酒60%、一般酒40%
2008年3月28日瓶詰め
     (株)久米島の久米仙
     沖縄県島尻郡久米町字宇江城2157
     Tel 098-985-2276

|

« ウィスキー・ザ・グレンリベット12年 | トップページ | 球磨焼酎・一九道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/41514193

この記事へのトラックバック一覧です: 泡盛・久米島の久米仙:

« ウィスキー・ザ・グレンリベット12年 | トップページ | 球磨焼酎・一九道 »