« ウィスキー・マッカラン | トップページ | 芋焼酎・晴耕雨讀 »

麦焼酎・大分井上

Oinoue最近はコンビニでも酒類を販売している店があって焼酎も置いてあります。そして大きなスーパーでは、ビールはもちろんのこと焼酎、ウィスキー、ワイン、日本酒と品揃えも豊富で、選ぶのに迷うほどです。麦焼酎「大分井上」、この焼酎をこうした大型スーパーで見つけました。
先ず目に付いたのが「大分井上」と言う名前です。・・・何と言ったらいいのか・・・味も素っ気もないというか、大分県日田市にある井上酒造の焼酎なので「大分井上」なのでしょうが、個性あるネーミングを愉しみにしている私にはちょっと???、という印象を持ちました。
でもラベルを良く見ると、原材料大麦、大麦麹の文字が眼に入りました。要するに麦だけで造った麦焼酎で、・・・芋焼酎の「一刻者(いっこもん)」が芋全量と謳っているように・・・いわば「麦全量」あるいは「麦むぎ」と言ったところです。
次に注目したのが、精麦50%、天領日田の伏流水仕込み、の文言でした。
どうやら、名前の平凡さに反して中身はかなり期待できそう・・・ということで、直ちに購入しました。
井上酒造は、文化元年(1804年)創業とのことで200年余も続くかなり歴史のある醸造元です。現在の当主は七代目井上睦子氏ですが、三代目の末弟に大正から昭和にかけて大蔵大臣を務めた井上準之助がおります。井上準之助は昭和7年(1932年)に暗殺されてしまいましたが、現在生家の中に「清渓文庫」が設けられ彼の遺品等が展示されているとのことです。
先ず定番のお湯割で飲んでみましたが、芋焼酎の甘い匂いとはちょっと違う、香ばしい匂いがしました。口に含むと意外にまろやかで刺激がありません、ちょっと吟醸酒を飲んだような感じで、のど越しに辛口の余韻が残りました。
次にロックで試してみましたが、お湯割り程ではないものの、香ばしい香りがして口に含むと冷えているせいかあまり味を感じなくて喉越しに辛口の余韻が残り、全体として淡白な印象となりました。
お湯割りでもロックでも、全体に端麗辛口の印象で、これが精麦50%の効果かな?と思った次第です。
この酒造の長年にわたる主力製品は「角の井(かくのい)」という清酒だそうですから、清酒の技法がこの麦焼酎「大分井上」にも生かされているようです。

[メモ]  25度、大麦、大麦麹、精麦50%、
      吟醸造り、天領日田の伏流水仕込み
      株式会社井上酒造
      大分県日田市大字大肥2220-1

|

« ウィスキー・マッカラン | トップページ | 芋焼酎・晴耕雨讀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/40600531

この記事へのトラックバック一覧です: 麦焼酎・大分井上:

« ウィスキー・マッカラン | トップページ | 芋焼酎・晴耕雨讀 »