« ワイン・レイモンド・リザーブカベルネソービニオン | トップページ | 麦焼酎・佐藤 麦 »

ウィスキー・バランタイン12年

Ballantines最近、私はウィスキーを飲まなくなりました。何故なのか?
今からウン十年前、若かりし頃はアルコール類というと、日本酒、ビールがメインで、私は安いジンなども・・・・そしてウィスキーは国産の「角」「ブラック」など手頃なものを飲んでました。一方ワインは高級なもの、焼酎はちょっと臭くて、とそれぞれ近寄りがたいイメージがありました。当時外国のウィスキーは高くて、「ジョニ黒(ジョニーウォーカー黒ラベル)」や「シーバスリーガル」が1万円程して・・・当時私の初任給が3万円位でしたから、いかに高いか分かると思います・・・とても買えませんでした。ところが今や外国のウィスキーは数千円で手に入るのだから驚きです。しかし同時にワインや焼酎も手ごろな値段でしかも品質改善がすすみ選択の範囲が広がり、私の興味も焼酎に移行して・・・結果としてウィスキーから遠ざかったように思います。
・・・・で、久し振りにスコッチ・ウィスキー「バランタイン12年、ゴールドシール」を求めて飲んでみました。
スコッチ・ウィスキーは大麦を原料とするモルト・ウィスキーとトウモロコシを主原料とするグレーン・ウィスキーをブレンドして作られますが、このバランタインはモルトの原酒で一番若いもので12年熟成したものを使い、グレーンにも12年以上熟成したものを使っているそうです。そしてモルトとグレーンの関係を、両者をブレンドしてバランタインをつくる「マスターブレンダー」は家造りにたとえて、グレーンは土台、モルトは柱、壁、屋根などに相当し、しっかりした土台に家の特長を表す窓などをつけて完成させるのだ、と言っています。
さてバランタインのホームページを見ると、「美味しいハーフ・ロックの作り方」が出ています。その方法は?
まずグラスに大き目の氷を入れてバランタインを適量注ぎ、マドラーでゆっくり13回転半かき混ぜます。次にウィスキーと同じ量のミネラルウォーターを注ぎ、同じくマドラーで今度は3回転半かき混ぜるとハーフ・ロックの完成です。
このかき混ぜる回数の根拠は分かりませんが、ものは試し!早速まねをしてみました。13回半かき混ぜると氷の角が取れて丸みをおび、全体としてウィスキーと氷が一体となり見た目にもまろやかな感じになるから不思議です。次にミネラルウォーターと3回半の手順を終えると、私にとってちょうど良い濃さになり匂いとともに、ゆったりと味わうことが出来ました。
グラスに氷を入れて「ドボッ」とウィスキーと水を注いで飲むよりも、こうした手順を経ることでゆったりとした気分になって、ウィスキーを味わうことが出来たのは確かです。
皆さんも是非お試し下さい。

[メモ]  40%、モルト、グレーン
      バランタインのホームページ
      http://www.ballantines.ne.jp/index.html

|

« ワイン・レイモンド・リザーブカベルネソービニオン | トップページ | 麦焼酎・佐藤 麦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/16927024

この記事へのトラックバック一覧です: ウィスキー・バランタイン12年:

» 南明奈のお宝?流出?画像と動画 [南明奈のお宝?流出?画像と動画]
南明奈のお宝?流出?画像と動画などがありまする [続きを読む]

受信: 2007/11/03 22:19

« ワイン・レイモンド・リザーブカベルネソービニオン | トップページ | 麦焼酎・佐藤 麦 »