« ウィスキー・バランタイン12年 | トップページ | ワイン・シャトー・シャテラール »

麦焼酎・佐藤 麦

Satoum「佐藤の黒」と「佐藤の白」!ともに芋焼酎では有名な存在です。
簡単には手に入らないこともあり、私は飲み屋で注文して飲むだけでした。ところがその佐藤酒造から麦焼酎が発売されました。私は偶然立ち寄ったお店で見つけて『新発売ですよ!なかなか手に入らないから、今がチャンスかも・・・』と言われて思わず買ってしまいました。欲しくても手に入らない「佐藤の黒」。一方思いもよらず手にした「佐藤の麦」!何事にも「出会い」はあるようです。
さて「佐藤の麦」は、今年2007年の7月3日に発売されました。発売即、大人気!だそうで、私が購入したものには2007年7月31日瓶詰めと書いてあるので、新発売直後のものであろうと思います。
芋一筋と思われていた佐藤酒造が何故今麦焼酎なのか?
そのあたりの事情は、雑誌「dancyu」2007年9月号に酒造の四代目当主佐藤誠さんが述べてますので紹介しましょう。『昭和59年から桶売り用に麦焼酎をつくっていて、昨年まで実際に取引もしていた。蔵のメンテナンスのために取引を止めたけど、芋の仕込みの間に今までとは違う麦焼酎をつくってみようと考えた。』とのことです。
つまり佐藤酒造では麦焼酎造りの実績はあったもののそれをリセットし、新しい麦焼酎に挑戦したのです。そして工場のラインを新設し、オーストラリア産の麦を白麹で仕込み、常圧蒸留する方法で造っているそうです。
「佐藤の麦」のラベルは茶色で、店で棚に置かれているのを最初見たときは「??」でしたが、よくよく見れば正に佐藤の焼酎でした。
早速お湯割で、少し焼酎の割合を多くして飲んでみましたが、香ばしい麦の香りがし甘味も感じて(麹の割合を増やしてあるそうです・・・)、しかもしっかりとした味わいでした。ウ~ン!さすが!「発売即、大人気!」の評判通りの「佐藤の麦」でした。

[メモ] 25度、麦麹、麦
     佐藤酒造有限会社
     鹿児島県霧島市牧園町宿窪田2063番地
     電話 0995-76-0018
     

|

« ウィスキー・バランタイン12年 | トップページ | ワイン・シャトー・シャテラール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/17018697

この記事へのトラックバック一覧です: 麦焼酎・佐藤 麦:

« ウィスキー・バランタイン12年 | トップページ | ワイン・シャトー・シャテラール »