« 麦焼酎・杜氏寿福絹子 | トップページ | ワイン・パリスの審判 »

芋焼酎・蔵の師魂

Kuraskn今回取り上げるのは小正醸造の『蔵の師魂』です。
小正醸造は創業明治16年(1883年)ですから、百年以上の歴史を誇る酒造です。日本で最初に焼酎の貯蔵に樫の樽を使用し「貯蔵焼酎製造」という技術を確立した、と言われています。この『蔵の師魂』のラベルには、「甕壺貯蔵」と「神之川貯蔵庫秘蔵芋焼酎」との文言が目を引きます。ラベルの当主口上には、素焼きのかめ壺でじっくりと貯蔵・熟成したとあり、小正醸造が貯蔵による熟成に力を注いでいることが伺われます。
Kuraskn2先ず小正醸造のこだわりの一つが「原酒造り」です。地元金峰町産の新米こしひかり、同じく地元の東馬場さんが作った芋・小金千貫、仕込み水は地元の熊野神社の井戸水、黒麹菌、常圧蒸留で末垂れを大きくカットしてつくるとのこと。そして次のこだわりが貯蔵です。できあがった焼酎を素焼きの甕壺で貯蔵することで、素焼きの甕にある無数の気孔(空気を通す非常に小さな穴)が香味成分を変化させる効果があり芳醇でまろやかな味わいとなる、と書いてあります。
こう書くと焼酎をかめ壺に入れて貯蔵すれば後はほうっておいても熟成が進みまろやかな味わいが出るように思いますが、とんでもない思い違いのようです。大きなかめ壺はそれぞれ一つひとつ素焼きで造るわけで、一つとして同じものが出来ません。従ってかめ壺に入れた焼酎の熟成の度合いは異なるので、かめ壺に仕込まれた焼酎それぞれについて手間隙かけて管理をしていかなければならないそうです。今やステンレス容器でコンピュータを使って温度管理をして熟成させるのが一般的かも知れませんが、こうした手間をかけた製法を守って造られるこの焼酎には小正醸造の魂が込められているように思います。
さてこうした小正醸造こだわりの焼酎を飲んでみました。
まずそのまま生で飲んでみました。ほんのり芋の香りがして、口に含んだ時舌に刺激がなくまろやかな感じです。でも口に含んでしばらくすると焼酎が温まって辛口の力強い刺激が出てきて、喉越しも辛口の余韻が残りました。意外としっかりとした味わいの焼酎です。お湯割で飲むと、この焼酎の特長がよく出るように思いました。すなわち、力強いしっかりとした味わいです。ガツンと来る強さではありませんが、自己主張のあるいかにも芋焼酎らしいしっかりとした味わいがしました。

[メモ] 25度、さつまいも、米麹
    小正醸造株式会社
    鹿児島県日置市日吉町日置3314

|

« 麦焼酎・杜氏寿福絹子 | トップページ | ワイン・パリスの審判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/16385619

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・蔵の師魂:

« 麦焼酎・杜氏寿福絹子 | トップページ | ワイン・パリスの審判 »