« 黒糖焼酎・長雲 | トップページ | 麦焼酎・杜氏寿福絹子 »

芋焼酎・紫尾の露

Shibi紫尾の露は、軸屋酒造の主力焼酎です。
このブログでは、この酒造の「凛」を取り上げ(2007年6月5日と7月30日)、女性杜氏の軸屋麻衣子さんを紹介しました。順序が逆になりましたが、今日は軸屋酒造の成り立ちを紹介しましょう。
軸屋酒造は、明治39年(1906年)の創業で、初代の軸屋権助が中国に渡った折に中国の焼酎造りを学んで鹿児島に戻って始めた、と言われてます。
主力製品である紫尾の露は、鹿児島県の北部出水市の背後にそびえる出水山地で一番高い1067mの紫尾山から命名したとのことです。地図でみると周辺には高い山が無いので、東には霧島連峰、西には東シナ海が一望できるそうです。そしてこの山系に降り注ぐ雨が伏流水となり、これを地中深くからくみ上げ焼酎の仕込み水、割り水として活用されているとのことです。
さてこうした条件に恵まれて出来た「紫尾の露」はどんな味わいでしょうか?
『夏こそお湯割り!』とはある雑誌の見出しですが、まずは焼酎の基本であるお湯割で飲んでみました。
香りはあまり強くなくてほんのり芋の匂いがしました。口の中ではあまり刺激がなくて、のど越しに辛口の余韻が残る味わいでした。ちなみに、ビンの裏に張られた口上には、『紫尾山の伏流水を割り水に使い』、『白麹を使ってまろやかさを引き出し』、とあります。
その後ロックでも試してみましたが、芋の味わいがなくなるように思いました。正に『夏こそお湯割り』の焼酎です。

[メモ]  25度、さつま芋(こがねせんがん)、米麹(白)
     仕込み、割り水ともに紫尾山系天然伏流水
     軸屋酒造株式会社
     鹿児島県薩摩郡さつま町平川1427番地
     http://www.jikuya-shuzo.co.jp

|

« 黒糖焼酎・長雲 | トップページ | 麦焼酎・杜氏寿福絹子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/16097481

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・紫尾の露:

» 芋焼酎 [芋焼酎]
芋焼酎についての情報サイトです。 [続きを読む]

受信: 2007/08/15 11:38

« 黒糖焼酎・長雲 | トップページ | 麦焼酎・杜氏寿福絹子 »