« ワイン・シャトー・アンティヤン | トップページ | 日本酒・万齢 »

芋焼酎・凛

Rinn今日飲んだ芋焼酎「凛」は、このブログで何回も取り上げている東京・狛江市の「籠屋」さんで購入したものです。『この焼酎は季節限定で、春と秋しか出荷されないんですよ』と籠屋の奥様から説明を受けました。「限定」の言葉に弱い私は、たまたま春と秋に出荷された「凛」がおいてあったものですから、つい2本買ってしまいました。
さて凛のラベルは華やかな洒落たデザインで、「杜氏 軸屋麻衣子の黒麹仕込み 甕貯蔵」という文言と「本格焼酎 美酔焼酎」の言葉が並んでいます。女性杜氏のセンスが反映してると思うし、美酔焼酎という言葉も気になります。
さて軸屋麻衣子さんは、多くの若き酒造家を輩出している東京農業大学醸造学科卒業で、学生の頃から「古き良きものを追求し、新しいものを創造することを追求」していたとのことです。焼酎を造るにあたって、「石数を増やすよりも品質を重視」、「本当に美味しいお酒を手ごろな価格で提供」することをモットーとしているそうです。こうした取り組みの姿勢は大歓迎です。頑張って欲しいものです。
Rinnr_1この焼酎を製造している軸屋酒造株式会社は、明治43年の創業で白麹を中心に作っていたそうです。麻衣子さんが杜氏として初めて手がけた焼酎がこの「凛」で、常圧蒸留で黒麹仕込みです。ここにも彼女の古きものを大切にしつつ新しいものを創造する、との姿勢を感じます。
さて「凛」はどんな味でしょうか?「美酔焼酎」と名づけたのにはどんな想いが込められているのでしょうか?
まずそのまま飲んでみましたが、いわゆるガツン系とは違って刺激のないまろやかな口当たりです。定番のお湯割でも飲んでみましたが、まろやかさは変わらなく、香ばしさが増して少し辛口の味わいが強調されます。一般に黒麹仕込みはガツン系と言われてますが、この焼酎にそうした期待をすると外れます。香ばしい匂いとまろやかな味わいを楽しむのが、この「美酔焼酎 凛」の味わいの作法かもしれません。

[メモ]  25度、さつま芋(鹿児島県内産こがねせんがん)、米麹
     仕込み割り水ともに紫尾山系伏流水、平成18年9月20日瓶詰

 軸屋酒造株式会社  鹿児島県薩摩郡さつま町平川1427
 

|

« ワイン・シャトー・アンティヤン | トップページ | 日本酒・万齢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/15316298

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・凛:

« ワイン・シャトー・アンティヤン | トップページ | 日本酒・万齢 »