« 芋焼酎・紅芋 華どり | トップページ | 芋焼酎・松露黒麹仕込み »

ワイン・シャトー・ラローズ・トラントドン

Hmedoc1ボルドー・ワインの「オー・メドック(Haut-Medoc)」を3本購入しました。
先日新聞に『バリューボルドー2007』が2ページの全面広告で掲載されてました。ご覧になった方も多いと思いますが、この紙面で109本の赤、白のボルドー・ワインが紹介されてました。これらのワインは、『日本のワイン界を代表する10人により、国内で流通するワイン全商品の中から価格帯は1000円~3500円、ヴィンテージは赤が2000年以降、白が2003年~2005年の約500本を選び、ブラインドテイスティングして、合計点の高い順に選んだもの』、だそうです。
この企画は、ボルドー・ワインを身近なものにして親しんで貰おうとしたものであろうと推察します。私は特にワインの価格帯を1000円~3500円に設定したことは良かったと思ってます。『ワインは高くて当たり前』、『高いワインの方が美味しい』との考え方もありますが、我々が日常的にウン万円もするワインを飲めるわけでもなく(勿論なかには飲む人も居るでしょうが・・・・)、母の日や結婚記念日などに気軽にでも美味しいワインを飲みたいもので、こうした要望に応える企画だと考えます。
焼酎を選ぶときもそうですが、私は常々『安くて美味しい』お酒を求めているので、こうした考えに基づく企画は大歓迎です。
Laroseさてこの全面広告のなかで、以前飲んだことのある「シャトー・ラローズ・トラントドン」が目に入りました。そこでこのワインと同じ原産地(AOC)の「オー・メドック」から他に2本選んだという訳です。
ちなみにその他のワインは、シャトー・アンティヤンとシャトー・ボーモンです。
「シャトー・ラローズ・トラントドン」は2001年のもので、深い赤色をしてますし香りも豊かです。ただ口に含むと赤ワイン独得の渋味のほかに酸化防止剤でしょうかちょっと異質の「くさみ」を感じました。その晩は一杯飲んだだけでしたが次の日に飲んだところ、不思議なことに前日の「くさみ」が無くなりまろやかさがあったのです?!
たった一日でどのような変化が起こったのか分かりませんが、適度な渋味とまろやかな味わいが調和して「なかなか美味しい」と思いました。

[メモ]
Chateau Larose-Trintaudon       ボルドーワイン公式情報ホームページ
Cru Bourgeois              http://www.bordeaux.com/
Haut-Medoc            ただし、英、仏語のみ。日本語は2007年9月予定。
Appellation Haut Medoc Controlee
12.5% 2001
    

|

« 芋焼酎・紅芋 華どり | トップページ | 芋焼酎・松露黒麹仕込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/15048343

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン・シャトー・ラローズ・トラントドン:

« 芋焼酎・紅芋 華どり | トップページ | 芋焼酎・松露黒麹仕込み »