« ワイン・キャンティ ルフィーナ リゼルバ1990 | トップページ | ワイン・キャンティ クラシコ クレメンテⅦ »

米焼酎・白岳(ハクタケ)しろ

Shiro今日飲むのは米焼酎です。このブログで米焼酎を取り上げるのは初めてだと思います。以前もち米焼酎「熟年の真実」を取り上げましたが(2005年5月)、いわゆる純粋の米焼酎は今回が初めてです。
米焼酎といえば「球磨焼酎」のブランドが有名ですが、まさに「白岳しろ」は本場熊本県の球磨焼酎で、ラベルにはローマ字で『Junmaisei Kuma-Shochu(純米製 球磨焼酎)』と書いてあります。
さてこの焼酎は私の知人からのプレゼントで、私が焼酎を飲んでいるのを知って『是非飲んでみて!』といただいたものです。思わぬところで球磨焼酎を飲む機会を得て,知人に感謝です。
この「白岳」は減圧蒸留法でつくっているそうです。そして蒸留するときの沸点を40度と低めに設定し、蒸発した気体を冷却して液体を取り出す際に蒸留はじめの液体(初流、初垂れ)をカットし、蒸留最終段階の後流も破棄しているそうです。更に蒸留後の液体に含まれる雑味を取り除くことで、まろやかで繊細な風味があり、かつスッキリした味わいのある米焼酎に仕上げてある、とのことです。
ボトルの封を切ると・・・というか、キャップを取ると、というのが正確かもしれませんが・・・純米酒を開けたときと同じように米の甘い香りがします。先ずロックで試してみましたが、正に純米酒を飲んでいる感じです。ただ純米酒を冷酒で飲むのとは違って、アルコール度が高いためインパクトがあり、のど越しに辛口の余韻が残りました。
次はお湯割です。ほんのりと純米酒と同じ独得の甘い匂いがたちこめ、「これが焼酎?」との疑念が湧くほどです。でものど越しは辛口、後に残らないスッキリ系で、これが米焼酎のテイストだな!?と納得した次第です。

[メモ] 25度、米、米麹
     高橋酒造株式会社
     熊本県人吉市合ノ原町498番地
     http://www.hakutake.co.jp

|

« ワイン・キャンティ ルフィーナ リゼルバ1990 | トップページ | ワイン・キャンティ クラシコ クレメンテⅦ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/13816140

この記事へのトラックバック一覧です: 米焼酎・白岳(ハクタケ)しろ:

« ワイン・キャンティ ルフィーナ リゼルバ1990 | トップページ | ワイン・キャンティ クラシコ クレメンテⅦ »