« 芋焼酎・不二才(ぶにせ) | トップページ | 日本酒・緑川 »

黒糖焼酎・朝日

Kasahi最近は芋焼酎を飲む機会が多かったのですが、今回は久しぶりに黒糖焼酎に挑戦してみました。
今回取り上げる「朝日」は、奄美諸島の小さな島、喜界島にある朝日酒造株式会社でつくられています。朝日酒造は大正5年(1916年)創業といいますから90年間続く酒造で、朝日シリーズとして「朝日」の他に、「壱乃醸 朝日」、「飛乃流 朝日」が製造・販売されてます。朝日酒造では、サトウキビの栽培から黒糖精糖、黒糖焼酎醸造までの一貫した工程に社長自ら先頭に立ち黒糖焼酎・朝日をつくっています。更にこの朝日シリーズを支える原料として精選された黒糖や米を使っているのはもちろんですが、サンゴ礁から湧き出す硬水を仕込み水に使っているのも大きな特徴といえます。創業から90年を誇る老舗とはいえ、例えば「壱乃醸 朝日」では黒糖、タイ米と黒麹、一方「飛乃流 朝日」では黒糖、国産米、白麹を使う、というように醸造に工夫を重ねていることも見逃せません。
さてこうした伝統と努力が結実した「朝日」は、どんなテイストでしょうか?
今回飲んだ「朝日」はアルコール30度のものです。瓶は青色で、ラベルも早朝青い海から太陽が上ってくるのをイメージしたものとなっています。
ロックで飲んでみましたが、今まで飲んだ黒糖焼酎は「彌生(やよい)」や「里の曙」など全体として優しいテイストで女性にも好まれる様に感じてました。しかしこの「朝日」はちょっと違います。どちらかと言うとガツン系の男性的な味わいです。口に含んだとき舌先に刺激は無いものの、「彌生」のような甘い味わいがなくてやや辛口です。匂いも独得で、硬水の仕込み水の影響かもしれません。次の機会に、「壱乃醸 朝日」や「飛乃流 朝日」にも挑戦してみたいと思います。

[メモ] 30度、黒糖、米麹
     朝日酒造株式会社
     鹿児島県大島郡喜界町湾446-16
     Tel 09997-65-1531

|

« 芋焼酎・不二才(ぶにせ) | トップページ | 日本酒・緑川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/13255093

この記事へのトラックバック一覧です: 黒糖焼酎・朝日:

« 芋焼酎・不二才(ぶにせ) | トップページ | 日本酒・緑川 »