« 黒糖焼酎・里の曙 | トップページ | 黒糖焼酎・あじゃ »

芋焼酎・「鶴見」考

Turumi「鶴見」はいわずと知れた大石酒造の焼酎です。
このブログでは昨年取り上げましたが、ダレヤメ向きのいつでも手元において飲んでみたい焼酎です。しかし悩みの種は東京で売っている酒店が少ないことです・・・・酒屋を見つけようとする私の努力不足かもしれませんけど・・・・。このため私は、ネットで「鶴見」が販売されるとの情報を見つけると注文してます。この場合当然ですが送料がかかるので複数注文したいのですが、『鶴見はお一人様2本まで』等とされていることが多くて困ってしまいます。もともと大石酒造さんは少量生産の良心的な酒造と伺ってますので、止むを得ないかなと半ば納得しあきらめていました。
ところが嬉しいことに最近、私が住む東京都下で「鶴見」が入っている酒屋を見つけたのです!調布駅そばのパルコの地下にある酒屋にたまたま立ち寄ったとき、一升瓶と五合瓶の「鶴見」を発見!びっくりしました。ただ数量は少なくてそれぞれ5本位でした。値段は一升瓶が税込み2100円で少し高めですが、送料を考えるとまあ納得の範囲内です(私は、ネットでは税込みで大体1800円位で購入、ただし送料は別途)。常に品揃えがされる状況ではないようですが、酒造と取引があるようなので今後に期待できそうです。

ところで「鶴見」は焼酎らしい焼酎だと私は思ってます。
焼酎ブームと言われる中で、なかなか手に入らない・・・例えば「森伊蔵」「伊佐美」など・・・・いわゆるプレミアム焼酎が注目されています。実は私は、これら焼酎を手にしたことがありません。理由は?・・・・先ず何と言っても高価なプレミアム焼酎を買うだけの資金が無いことがありますが・・・・焼酎は気軽に楽しめることが第一だと考えているからです。ですから焼酎をプレミアム化して珍重する風潮には否定的です。酒造は精魂込めて焼酎を造っているわけで、少数しか市場に出回らないなどの結果プレミアム化するのは仕方が無いことかもしれませんが、鶴見のように手ごろな価格で美味しく楽しめる焼酎が私にとってのプレミアム焼酎です。

さて暑い今日この頃、ロックで鶴見を楽しんでいます。口に含んだときにほのかに芋の甘さを感じますし、のど越しは辛口でスイスイと飲めます。鶴見はお湯割りが定番と言われてますが、夏はロックがお勧めですよ!

|

« 黒糖焼酎・里の曙 | トップページ | 黒糖焼酎・あじゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/11491322

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・「鶴見」考:

« 黒糖焼酎・里の曙 | トップページ | 黒糖焼酎・あじゃ »