« 麦焼酎・潤の醇 | トップページ | 芋焼酎・「鶴見」考 »

黒糖焼酎・里の曙

Akebono今回は黒糖焼酎「里の曙」を飲んでみました。
黒糖焼酎ですから当然奄美諸島で作られているわけですが、この黒糖は奄美諸島の中心である奄美大島の町田酒造で作られたものです。町田酒造といえば、ネットでこの「里の曙」を販売している「お店」の説明では『創業10年余でトップブランドにした』となっています。しかし事実は少し違うようです。確かに町田酒造は平成3年(1991年)の設立ですが、戦前からある石原酒造が前身で、昭和58年に法人化され、その後平成3年に現在の社名に変更となったものです。つまり戦前からの焼酎作りに歴史と定評のある酒造なのです。なおこの酒造は、黒糖焼酎造りに、最初に減圧蒸留方式を取り入れたことでも知られており、現在は最新鋭の設備を備えた大型工場を所有する奄美大島で生産量トップの酒造となっています。
さて「里の曙」のラベルは、夜明け前に太陽が水平線から顔を出す直前、空が茜色に染まり次第に黄色から白色へと変化していく様子をイメージしたと思われるデザインです。

瓶の後ろ側に張ってあるラベルには三つの特徴が書かれています。
①稀の酒:元禄の昔から造られ長い年月を重ね受け継がれた稀な酒であること。
②健康志向:糖分は全くゼロであること。
③本物の旨さ:長期貯蔵を経てまろやかな口当たりが特徴であること。
『糖分はゼロ』だからいくら飲んでも太らない!? 焼酎の好きな女性には心強いキャッチフレーズです!!
・・・・で実際の飲み口はどうでしょうか?  匂いはかすかに甘い香りがしました。甘い香りがするのに糖分がゼロ?と言うのはちょっと手品のようですが、口の中でもほんのりとした甘さが感じられ、口当たりもまろやかで安心してスイスイと飲めました。酒造がいう三つの特長も「確かにそうだな」と納得させられる焼酎でした。

[メモ]  25度、黒砂糖、米こうじ 
      町田酒造株式会社  鹿児島県大島郡龍郷町大勝3321
                    Tel 0120-099762

|

« 麦焼酎・潤の醇 | トップページ | 芋焼酎・「鶴見」考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/11306538

この記事へのトラックバック一覧です: 黒糖焼酎・里の曙:

« 麦焼酎・潤の醇 | トップページ | 芋焼酎・「鶴見」考 »