« 黒糖焼酎・昇龍 | トップページ | 清酒・天吹雷神 »

黒糖焼酎・喜界島

Kikai「くろちゅう 喜界島」は、調布のつかさ焼酎販売で見つけて購入したものです。
ところで喜界島はどこにあるのでしょうか?黒糖焼酎を造っていることから、奄美諸島にあることは当然ですが・・・・早速調べてみました。鹿児島県の南383km、奄美大島の東22kmにある、周囲48kmの小さな島で、隆起サンゴ礁で出来ているため島はお皿を伏せた形になっている、とあります。地図を見ると喜界島の位置は東経130度、北緯28度近傍でとても覚えやすいので、大きな地図で喜界島を探す時に便利です。
喜界島には、3810世帯、8536人(平成17年9月30日現在)が暮らしていて、サトウキビを生産する農業が中心とのことです。そしてサトウキビから作られた黒糖を原料に黒糖焼酎が造られるわけですが、自然に恵まれたこの小さな島に喜界島酒造と朝日酒造の二社が黒糖焼酎を造っています。

この「くろちゅう 喜界島」は、喜界島酒造の黒糖焼酎ですが、一般には喜界島にあるもう一つの酒造会社朝日酒造の黒糖焼酎「朝日」シリーズが書籍の焼酎特集で紹介されているので知名度は上かもしれません。
さて早速試飲してみました。
先ず生(き)のまま飲んでみましたが、驚いたのは全く刺激が無くて一瞬「水かな?」と思ったくらいです。でも口に含んで暖めると香りが出て舌に焼酎の刺激を感じました。
お湯割りにすると、黒糖焼酎独得の甘い香りが広がりましたが匂いはきつくなくて、味わいもほんのり甘さが漂うまろやかな焼酎でした。これは隆起サンゴ礁のミネラルを含んだ伏流水を割り水につかっているからでしょうか。
ロックでも試してみましたが、まろやかで口当たりの良い黒糖焼酎で、前回紹介した「昇龍」とは対照的な味わいがする焼酎でした。

[メモ] 25度 黒糖、米こうじ      喜界島酒造株式会社
                        鹿児島県大島郡喜界町赤連2966-12    
                        Tel 0997-65-0251

|

« 黒糖焼酎・昇龍 | トップページ | 清酒・天吹雷神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/10458103

この記事へのトラックバック一覧です: 黒糖焼酎・喜界島:

« 黒糖焼酎・昇龍 | トップページ | 清酒・天吹雷神 »