« 芋焼酎・角玉 | トップページ | 芋焼酎・アサヒ »

チルドビール3本勝負

Beer3キリンビールでは、チルドビールに力を入れています。この4月5日には、一番搾り無濾過(生)を発売しました。キリンビールは、この他に「まろやか酵母」、「豊潤」を発売してますので、今回はこれら3本を飲み比べてみました。
[一番搾り無濾過(生) アルコール分 5.5%]
一番搾り製法で旨味を濾過せず封じ込めた、と言うのがキャッチフレーズ!グラスに注ぐとやや濃い目の黄色のビールで少し甘味も感じられます。口に含むと正にビールらしい舌先に刺激を感じます。長年一番搾りで飲み慣れた感触で正にビールらしいビールと言えます。無濾過の効果はメーカーによると「上質なうまみ」を閉じ込めているとのことです。従来の一番搾りも飲んでみましたが、やや一番搾りのほうが薄黄色で喉越しも強さを感じます。これに対して一番搾り無濾過は、柔らかい口当たりでまろやかさを感じました。とはいっても最初の一口でやや違いを感じる程度です。まぁアルコール類は最初の印象で大体決まってしまいますし、メーカーが「上質なうまみを閉じ込めた!」と言うと、「ああそうかな」と思う効果はあると思いますが、後味が残る感じが従来の一番搾りと異なる点であると思います。
[まろやか酵母 アルコール分 5%]
キャッチフレーズは、「酵母が生きてるチルドビール」で、「酵母の恵みを濾過せず封じ込めた、さわやかな香りとまろやかなコク」と言うものです。グラスに注ぐとうす黄色で透明感が無く少し濁っています。匂いはさわやかな香りというよりも、ちょっと酸味を感じました。あわ立ちはきめ細かく、そのせいかのど越しも柔らかく優しい味わいです。くせの無いマイルドなビールです。
[豊潤  アルコール分 5.5%]
「濃厚だけどやわらかい、麦芽100%チルドビール」が売りの豊潤! 濃い茶色でいかにも濃厚な感じがするビールです。匂いをかぐと、やや甘い香りがしてフルーティな感じがしました。泡はきめ細かく、口に含むと柔らかな感触がします。味はビールの色で感じたとおり濃厚で喉越しはまろやかです。

今回は、同じメーカーで三種類の特長のあるビールを飲み比べてみました。瓶は小瓶で330mlと小さいので、3本並べてグラスに注ぎ色合いや風味を比べながら飲みました。発泡酒や第3のビールなど安いビールが全盛ですが、たまにはちょっぴり贅沢をして本格ビールを味わうのも良いものだと感じました。

参考 キリン・チルドビールの情報はこちらへ
    http://www.kirin.co.jp/brands/chilled/index.html

|

« 芋焼酎・角玉 | トップページ | 芋焼酎・アサヒ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/9731941

この記事へのトラックバック一覧です: チルドビール3本勝負:

« 芋焼酎・角玉 | トップページ | 芋焼酎・アサヒ »