« チルドビール3本勝負 | トップページ | チルドビール(追加) »

芋焼酎・アサヒ

Asahi日當山醸造株式会社の「アサヒ」を飲んでみました。
・・・・で、この酒造は何と読むのでしょうか?私が居酒屋のメニューにこの『日當山』の文字を見つけて、お店の女性に「ひとうさんの焼酎をお願いします」と言ったら、「??? ひあたりやま、ですか?」と言われてしまいました。
「あっそうか! ひあたりやま、と読むのか!」とその場では納得しましたが、後で良く調べてみると『日當山』は「ひなたやま」と読むそうです。この酒造は、大正9年といいますから1920年に地元の有志によって設立され、80年以上の歴史があります。
ラベルはご覧のとおりレトロな感じです。芋焼酎「鶴見」もレトロな感じですが、こちらはブランドの「アサヒ」をそのまま絵柄にしていて沢山の焼酎の中でもすぐに見分けられます。この銘柄のネーミングは、以下のような明治天皇のお言葉によるものとされています。
   立ち上がる朝日のごとく
   さわやかに
   もたまほしきは
   心なりけり
大正9年の創業以来の銘柄だそうですから、こうした由来にも歴史を感じさせられます。
 

さてその味わいですが、先ずお湯割で試してみました。 なかなかしっかりとした味わいの焼酎です。これは、製造方法によるのかもしれません。先ず白麹で仕込んで、二次仕込みに日本酒用の黄麹を使って熟成し蒸留しているとのこと。匂いは優しい感じがしますが、味わいは辛口でしっかりしたものです。
ロックでも飲んでみましたが、 口に含んで焼酎を温めるとしっかりとした感じが出てきて、喉越しに辛さを感じました。お湯割りでもロックでも、どちらでも楽しめる焼酎でした。

[メモ]  25度、さつまいも、米麹(白)    
      日當山醸造株式会社  鹿児島県姶良郡隼人町西光寺649
                     Tel 0995-42-0315
                           

|

« チルドビール3本勝負 | トップページ | チルドビール(追加) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/9765424

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・アサヒ:

« チルドビール3本勝負 | トップページ | チルドビール(追加) »