« 芋焼酎・阿久根 | トップページ | 芋焼酎・銀滴 百六拾石 »

清酒・〆張鶴 しぼりたて生

shimeharikagoya2久しぶりに東京・狛江市にある「籠屋秋元商店」さんへ行きました。世田谷通りから車で入ったところにあり、近くに電車の駅が無いためアクセスが悪い所が難点と言えば難点ですが、逆に「荒らされてないのでよい」と言う人もいます。
2004年9月にこのお店を紹介してますが、1階が焼酎とワイン、ウィスキー、2階全体が空調の効いたかなり広い部屋になっており、部屋全体に日本酒が所狭しと並べてあり、壮観です。
この部屋でゆっくりとお酒を鑑賞しながら、どれを買おうか品定めをするのは楽しいひと時です。
さてそうして選んだのが、「〆張鶴」のしぼりたて生原酒です。

〆張鶴は、新潟県北部の村上市の酒造で造られています。
米どころのお酒で、あっさりとした飲み口の清酒だったと記憶してます。
その〆張鶴のしぼりたての生原酒で、しかも「限定」と言うので速攻で購入しました。
ラベルの一番下に、06.01.05と製造年月日が刻印されてます。そして瓶の裏側には『弊社では製造より約1ヶ月間を賞味期間としてお勧めいたします。』と表示されてます。加熱処理しないで、しぼりたての生の原酒をそのまま瓶詰めにしたものですから、美味しく飲むにはこのような賞味期限の設定は親切な試みだと思います。

さて、冷やとロックでいただきましたが、いい香りがしてフルーティな味わいです。
アルコール度が高いので、やや濃厚な感じがしますが、口当たりがいいので、
ついつい何杯も飲んでしまいました。

[メモ]  19度以上20度未満、米、米麹、醸造アルコール
      宮尾酒造株式会社    新潟県村上市上片町5-15

|

« 芋焼酎・阿久根 | トップページ | 芋焼酎・銀滴 百六拾石 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/8158136

この記事へのトラックバック一覧です: 清酒・〆張鶴 しぼりたて生:

« 芋焼酎・阿久根 | トップページ | 芋焼酎・銀滴 百六拾石 »