« 清酒・吟の紅衣 | トップページ | 清酒・〆張鶴 しぼりたて生 »

芋焼酎・阿久根

akune今日紹介するのは、「特別限定仕込み」と書かれている
「阿久根」です。私は、特別とか限定という文言に弱いので、
ついつい惹かれてしまいますが、何が特別なのか?気になります。
キーワードは、黒瀬安光氏、とS型麹、です。
黒瀬氏は、黒瀬杜氏と言われる杜氏の技能集団に属する数少ない
方です。黒瀬杜氏は、明治の初めに鹿児島県川辺郡笠沙町黒瀬を拠点に焼酎の仕込みに全国的に杜氏として活躍した集団です。
この黒瀬杜氏の流れをくむ黒瀬安光氏が直接仕込んだ焼酎です。
次はS型麹を使っている点です。
焼酎は一般的には、白麹、黒麹が使われ、時として黄麹が使われています。
S型麹は、これらとはまったく異なる新型の麹で、原料の臭みを和らげたり
強い甘味があると同時にきれの良い焼酎をつくることが出来る、と言われてます。
このように良いこと尽くめですが、実は温度管理が難しい、従って扱い難い麹とのことです。
こうした扱い難い麹を使い、黒瀬安光氏の技術で作り上げた焼酎が「阿久根」です。

こうした背景を知ると「阿久根」への期待は高まります。
生で飲むと、おやっ?と言う感じです。あまり芋の臭みが無く水に近い感触です。
S型麹を使っているからでしょうか?のど越しは辛口で芋焼酎であることを感じさせ
ますが、しつこくなくあっさりとした感じです。
さて、ものの本によると、この焼酎の特長は最後の「引き」にあると・・・・
キレが良く口に水を含んだようなさっぱり感が残る・・・と書いてありますが・・・・
最近飲んだ焼酎では「瀞とろ」に似た印象です。
ロック、お湯割にしても基本的に同じでしたが、お湯割りにすると、芋の甘さが
口の中で広がり、のど越しはあっさりしているものの,のどに辛味が残りました。

[メモ]  25度 コガネセンガン、米麹    鹿児島酒造株式会社A
                           鹿児島県鹿児島市名山町11番25号
                                      Tel 099-223-1561

|

« 清酒・吟の紅衣 | トップページ | 清酒・〆張鶴 しぼりたて生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/8157995

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎・阿久根:

« 清酒・吟の紅衣 | トップページ | 清酒・〆張鶴 しぼりたて生 »