« リカーショップ・たむら | トップページ | 芋焼酎・霧島3連弾 »

第3のビール

Beer2昨年、サッポロビールが「ドラフトワン」を発売し、
その後サントリーが「スーパーブルー」を発売。
そして今年の4月、キリンビールが「のどごし生」、アサヒビールが「新生」を相次いで発売し、ビール4社の第3のビールが勢ぞろい。

日経BP社の調査によると、これらのビールを飲んだ人の78.5%が「安い割にはおいしい」との評価をしているとか。でも発泡酒と値段が同じになったら、第3のビールを飲んでいる人の40%が発泡酒を選ぶ、と答えたそうです。
つまり、第3のビールは「安さが受け入れられている」のです。

さて、飲み比べてみました。先鞭をつけた「ドラフトワン」、今年春に参入した「のどごし生」、それと比較のために「モルツ」を選んでみました。
第3のビールは、スッキリ系ですね!「ドラフトワン」は薄い黄色、「のどごし生」は黄金色と見た目は違うものの、のど越しはスッキリした感じです。
ただ、泡が唇に触れる感触が本物のビールとは違うな!と思いました。
これに対して「モルツ」は、泡立ちがよく味がしっかりしていて、喉に余韻が残る感じです。やはり本物には負ける!・・・・でも第3のビールは安いから気軽に飲めるし、ジュースの代わりにちょうど良いかも・・・・

さて余談ですが、第3のビールをウェッジウッド社の商品「ジャスパー」(陶器のタンブラー)に入れて飲んでみました。「ジャスパー」はザラッとした表面になっていて、このためか第3のビールの泡が細かくなり、唇の感触も良くなり「生ビール」を飲む感じに近くなりました。
でも残念ながら味は変わりません・・・・まぁ当然ですけどね!

|

« リカーショップ・たむら | トップページ | 芋焼酎・霧島3連弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52712/4764605

この記事へのトラックバック一覧です: 第3のビール:

« リカーショップ・たむら | トップページ | 芋焼酎・霧島3連弾 »